« 駐禁取り締まり委託先36法人に警察OB 14法人新規 | トップページ | Webメール2.0β : @nifty »

アクセス数(駐車違反関連)

現場終わって家に帰ってブログ見たら、駐車違反関連の検索ワードで、過去最高のアクセス数でびっくりした。皆、かなり関心があるのだろう。昨日TVでは、各局ともこの話題でもちきりだった。

八百屋の配達の人に密着取材していたが、やはり顧客との会話が大切、配達だけしているのではない姿が映し出されていた。1顧客に10分から15分は滞在する。その間に駐禁切られるかもしれない。300円の売り上げで駐車場に停めたら商売にならないといっていた。同感である。
 監視員の研修風景やレンタカー屋さんの所有者責任の罰則強化のための対策とか、現実味のある内容もあった。監視員とヤクザのロールプレイング風景もおもしろかった。実際そういうことがおこるだろうと以前のブログでも書いたが、「この傷、どないしてくれるネン!」といちゃもんつけられた場合、どう対応するか?どんな仕事でもありそうな場面だが、やっぱりあそこまで研修するんやなあと思った。あの研修だけ受けられんかな?(笑)
掃除でも、、そんな人たまに出会うよね。自分の仕事でも役に立つかも。

大阪のおばちゃんもその上を行くかもしれないね。

 以下報道ステーションのHPより

イギリスでは13年前から駐車違反の取り締まりを自治体が雇った民間人が行っているが、ロンドンでは取り締まりの最中のトラブルは日常茶飯事だという。そ の理由となっているのが駐車監視員の給料体系。監視員の給料は歩合制で取り締まりの件数が多いほど給料が上がる仕組みとなっている。駐車違反の取り締まり 件数はロンドン全域で580万件。民間に委託した初年度に比べ2.5倍に増えている。
韓国では16年前から自治体に採用された民間人が駐車違反の取り締まりを行っている。当初、やわらかいイメージを出すため女性の駐車取締員が採用されたが 韓国各地で取締員への暴行事件が多発。1990年には駐車違反の取り締まりに腹を立てた男性が女性取締員を暴行し自分の事務所に監禁するという事件が起 き、大きな社会問題となった。
しかし現在では民間人による取り締まりに理解が出てきているという。どうやって暴力事件などのトラブルを解消したのだろうか。
「昔のことわざに『笑顔に唾ははけない』というのがあります。笑顔で対応すれば市民は暴力を振るいません」とソウル市交通局取締主任。
韓国では違反者に笑顔で話しかける「親切運動」を展開し、違反者とのトラブルを乗り切ったという。「日本でも最初は市民の抵抗があるかもしれませんが時間が経てば解消されると思います」と取締主任は言う。

以上

 ある警備会社の実地研修でどの車から取り締まるかで、気をつけないと平等性が失われて、自分の車は捕まったのに、後ろの車はセーフという時、トラブルになるので、いかに平等に取り締まるかの研修を行なっていた。今までの警察でも同じようなことはあると思うのだが、民間人(警察の天下りも多いようだが)が取り締まるということで、取り締まられる側も、今までより文句を言うことも多いかもしれない。というか言いやすいと思う。
どう見ても気弱そうな人も出ていたが、大丈夫でしょうかね。(^.^)

個人宅へのサービスでは配達や掃除、介護、工事等々他にもあると思うが、どんな業種もこれといった対応策があるわけでもないと口をそろえる。

しばらくやってみてまた問題があれば見直しするといっていたが、あきらかに今から問題は山積していると思う。
みなさんも気をつけてくださいね。
と言いたいところだが、そんな言葉も何のフォローにもならん気が。
気をつけていても車を離れたら、アウトですから。

前から言ってるけど、都道府県がもっと駐車スペース確保する努力も必要なのでは。
でも監視員の業者の中にパーキング業者もいるようで、なんだかなあって感じ。
一方で取り締まりで稼いで、本業でも困った運転者から駐車料金で稼ぐ。
ヤダね~。

------------------------------------------------------------------------
asahi.com:駐車監視、端末133台不具合 愛知など午前の活動中止
違法駐車の確認業務を初日の1日に民間委託した264署のうち9都道府県の44署で、携帯端末計133台が不具合を起こしていたことが警察庁のまとめでわかった。午後4時過ぎまでには復旧したが、北海道と愛知、大分の3道県では午前中の監視活動を中止した。

 警察庁は「トラブルは想定していたが、これだけ出るとは思わなかった。今後は万全を期したい」としている。

 愛知では警察本部のサーバーに監視員のデータが登録されておらず、15署54台の端末が起動できなかった。北海道では8署15台でシステムの不具合があり、最初の違法駐車の入力を終え次の車の作業に移ろうとすると画像入力が不能に。警視庁や千葉では印字できなくなった。

 テストデータが削除されていなかった(大分)、パスワードの設定ミス(京都)、間違ったパスワードを連続して入力し端末がロックした(警視庁など)という不具合もあった。

http://www.asahi.com/national/update/0601/TKY200606010308.html?ref=rss

|

« 駐禁取り締まり委託先36法人に警察OB 14法人新規 | トップページ | Webメール2.0β : @nifty »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アクセス数(駐車違反関連):

» 駐車違反が増える?でも大丈夫!な保険 [ゆめLIBRARY]
6月1日から道路交通法が改正され、駐車違反の取締りが厳しくなりました。でも、その反則金(青キップ)を払ってくれる保険があること、ご存知ですか? [続きを読む]

受信: 2006年6月 2日 06:53

« 駐禁取り締まり委託先36法人に警察OB 14法人新規 | トップページ | Webメール2.0β : @nifty »