« Wii購入した | トップページ | Kron 掃除用クロス »

家電の内部の掃除


"大掃除 家電の内部が盲点"

年末のビッグイベント、大掃除の季節になった。隅々まで掃除したつもりでも実は、盲点がある。忘れがちな冷蔵庫などキッチンの電気製品。内部はかなり汚れている。パソコン内部にも気づきにくい部分がある。家電掃除のコツを聞いた。 (砂上麻子)

 「冷蔵庫は油や水、食べこぼれなどあらゆる汚れが集まっている」と話すのは、花王の生活者研究センター・主任研究員の井上紀子さんだ。

 しかし、同社の昨年末の大掃除調査では「計画通りに掃除できなかった場所」として、窓や照明器具とともに冷蔵庫(34%)が挙げられた。手間がかかる場所として敬遠されがちだからだ。「クリスマスや正月の食材を買う前に、庫内をきれいにして」と井上さん。

 冷蔵庫掃除では、まず掃除前に電源は切っておく。庫内の食品はすべて取り出し、賞味期限をチェックして古いものは捨てる。

 棚や仕切り板ははずして、漂白剤を薄めた液につける。冷蔵庫の中もぬれぶきんでふく。棚や仕切り板をすすいで、庫内に戻す。

 次に電子レンジ。外側はほこりや手あかがついているので、中性洗剤をつけたぞうきんでふく。問題は内部。汚れがこびりついている場合、耐熱容器に水を入れて二-三分加熱する。「水蒸気が汚れをふやかして、落ちやすくなる」(井上さん)。最後に布などで汚れをふき取る。

 ガスコンロに比べ、手入れが簡単と人気のIHクッキングヒーターも、長い間使うことで知らぬ間に揚げ物の油やふきこぼれがこびりついている場合が多い。クリームクレンザーをつけ、目の詰まった布などでこする。

 パソコンも家電製品。ほこりが付着し、キーボードも手あかで汚れている。掃除前には電源コードとケーブルはすべて外す。

 まず、パソコン内部の熱を排気して冷やす通風口に注目。ほこりがたまっていることが多い。富士通パーソナルビジネス本部の平井賢二プロジェクト部長は「通風口にほこりがたまるとパソコンの冷却効果が弱くなり、故障の原因にもなる」と指摘、掃除機でほこりを吸い取る。

 キーボードのすき間のほこりは、エアダスター(エアスプレー)で飛ばす。手あかなど汚れがひどいなら、中性洗剤を含ませた布を固く絞ってふき取る。液晶ディスプレーには、布目が細かい眼鏡ふきクロスを利用するといい。

 ここで安心してはいけない。平井部長は「パソコン内部も掃除してほしい」と話す。

 平井部長が勧めるのは、ハードディスク(HD)の「デフラグ」。「fragment」(断片)をなくすという意味で HD内の情報を整理し、パソコンの処理速度を高める。整理することでディスクの空き容量も増える。セキュリティーソフトの更新や写真、文書などデータの バックアップも大切だ。パソコンで年賀状づくりが終わったら、実行したい。

 年末の恒例行事ながら、どこから手をつけていいか分からないのが大掃除。井上さんは「普段掃除をしない場所、汚れが目立つところから先に始めてみては」とアドバイスする。掃除の成果が見えれば、気分も一新される。

☆。.:*:・'゜★。.:*:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。.:*:*:・'゜☆。.:*:・' ★。.:*:*

キーボードの前で食べてはいけないもの(とキーボードの上手な掃除方法) - ZDNet Japan

パソコンの内部は思っている以上にほこりが入り込んでいる。ファンが動いているため、空気が外部から入り込みます。PCIスロット周辺やファン自体の羽根にもほこりが付着し、冷却能力が落ちていることも多い。ケースを開けて半年に一回は掃除をしましょう。掃除の時は、静電気の発生するハケや、ブラシは使わない方がよいです。掃除機で吸い取ったり、綿棒や、マツイ棒も使えるでしょう。

上海問屋、メモリカードスロットの端子を掃除する接点クリーナー発売

ロアス、メモリカードスロットを掃除するクリーナー

|

« Wii購入した | トップページ | Kron 掃除用クロス »

電化製品の掃除」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14773/12969879

この記事へのトラックバック一覧です: 家電の内部の掃除:

« Wii購入した | トップページ | Kron 掃除用クロス »