« 介護事業について思うこと | トップページ | エアコンクリーニングの季節がきた »

住まいのカビ(かび)を防ぐ方法

梅雨のかび対策について

梅雨の時期に入りました。

毎日、雨が降ったり曇りの日が続き、じめじめした日がしばらく続きます。

そのような日が続くと、湿度が高くなり、カビがどんどん発生します。

ではどのようなことに気をつければいいのでしょうか?

押入れのカビ防止に、壁のカビ対策に、カビ防止剤MD123

【気温と湿度】

いままで、そんなにカビが生えていなかった部分にも、気温と湿度の条件が合えばいっせいにカビが生えてくることもあります。カビが好む気温は25度から30度 湿度が70%を超えると繁殖スピードが速まります。
冬場の結露と同様、室内に湿気を溜め込まないことが重要です。

【部屋掃除の重要性】

エアコンの記事のときにも書きましたが、カビは室内の畳、ほこり等も栄養分として繁殖します。掃除が行き届いていないと、室内にほこりが堆積し、それによってカビも増殖しやすくなります。またそのほこりをエアコンが吸うことによりエアコン内部でカビが増え、部屋中にカビの菌が飛散されることになります。

カビはダニのえさにもなります。床の食べこぼしや、フケや垢も食べて繁殖します。この時期、1年の中でダニが増える時期で、秋口までダニの死骸によるダニアレルゲン量も増えます。
毎日の部屋掃除をこころがけましょう。

特に床の掃除機がけと平面に積もった埃をハンディーワイパーで日々回収してください

【家具の置き方】

家具は通気性を高めるために壁から5センチ以上はなして設置し、背面に空気の流れを作って、湿気を逃がす工夫をしましょう。

【機械的に湿度を下げる】

地下やクローゼットの奥の方とか、湿気がたまりやすい場所は、強制的に除湿機等を設置して湿度を下げましょう。浴室の場合、天井乾燥機「ホットドライやカワック」があれば昼の間は、回しておきましょう。そういったものが無い方はサーキュレータを浴室内において、回すのも乾燥を促すひとつの方法です。その場合浴室への入り口の扉は閉めておきましょう。湿気が部屋の方に回り他の部分にカビが生えやすくなります。

もちろん居室内でのサーキュレーターの使用も有効です。今年は災害で節電で扇風機が人気だそうですが、サーキュレータ(扇風機の小型のもので、涼む目的ではなく、部屋の空気を移動させる目的で使用するファン)もひとつ揃えておくと便利です。

あと、不必要に窓を開けると外部の湿気を部屋の中へ入れてしまうことにもなりますので、雨がひどい場合は窓を閉めておきましょう。

楽天除湿機人気ランキング

サーキュレータ人気順

【水滴を残さない】

風呂から最後に出る人は、浴室内の壁と浴槽の継ぎ目や壁と床の境目等のコーキング部分の水滴をタオル等で拭きとっておくことも、カビが生えにくくするコツです。普段からろうそくのロウをタイルの目地に塗っておくとカビが生えにくいです。浴槽のフタは、必ず閉めて、窓を5センチほど開けておきましょう。

カビ防止剤MD123などを事前に塗布しておくと、カビが生えにくいです。

【自然換気の利用】

室内の離れた2箇所の窓を5センチほど開け空気の流れを作る。あちこち開けたり全開にすると逆に空気が移動しにくくなる場合があるので注意します。雨の場合は逆効果になる場合もあるのでてその都度、調整するようにしましょう。

【機械的に空気の流れを作る】

常にロスナイや台所のレンジフードを(小)の位置でまわしておくこともよいです。ただ外の湿度が高い場合、湿気もいっしょに取り込むことになるので、その場合は部屋の中で扇風機やサーキュレータを回す方がよいでしょう。

家の中の箇所ごとに使い分ける抗菌・防カビ剤MD123はこちら

【料理の時の水蒸気】

呼吸などで、人間の体から放出される水分の量も一人1日1.5リットルといわれています。そのような水分は生理現象なので、なかなかコントロールが難しいです。料理においてもかなりの量の水分が出ます。換気扇やレンジフードのフィルターをこまめにとりかえましょう。詰まってしまうと湿気を外に出すことができず、なおかつ部屋の中を汚すことにもつながります。

【洗濯物は外で干す】

この時期、洗濯物を室内で干すことも多いと思いますが、室内干しの場合部屋の中の湿度が急激に上がってしまいます。できるだけ外で干すことが望ましいです。乾燥機があるからという方もいらっしゃると思いますが、乾燥機も室内にある場合は部屋の中に水分が移動してしまいます。
扉を閉めた浴室の中で浴室乾燥機を回しながら換気扇も回すのがベストですが、洗濯物が多いと干すことのできる量も限られますので、なかなか難しい問題です。
結果的には部屋干しと除湿機の併用になると思います。

除湿機、何が売れてるの?

【生えてるカビの掃除から】

カビが新しく生えることも問題ですが、冬場生えたカビを除去しておくことも重要です。窓ガラスの下方(特にすりガラス)やパッキンにカビが生えていませんか。ガラスはブラシでこすって拭き掃除、ゴムパッキン部分は、歯ブラシで乗ったカビをこすり取って、 ジェルタイプのカビ取り剤 を塗布してしばらく放置しましょう。なければ普通のかび取り剤を塗って、ティッシュやサランラップなどで湿布します。しばらく置いてふき取ったあとは、消毒用アルコールを塗布しておくと、カビが生えにくいと思います。
ビニールクロスの表面や押入れのコンパネ表面も同じくチェックしましょう。

【洋服ダンス、押し入れ、下駄箱のブーツなど】

よくあるのが、気が付くと洋服ダンスの中の衣類がカビだらけになっていることがあります。使用したままのスーツ等クリーニングに出して、詰め込みすぎている洋服同士の間隔をあけてあげましょう。押し入れのコンパネ壁面には、物を密着させず、スノコをたてて空気の通り道を確保するようにします。普段使わない押入れの布団も奥の方がカビだらけになっているかもしれません。一度取り出してチェックし、よく干して布団圧縮袋に入れて管理しましょう。ブーツなどもしばらく履かないで気付くとカビだらけになっていることも多いです。密閉されている部分には部分的に除湿できる除湿剤が便利です。 いろんな箇所用の除湿剤があります。確認してみてください。 除湿剤いろいろ

【エアコンのドライ機能をつかう】

この時期エアコンのドライ機能は便利なものです。しかし使用した分エアコンの内部に水分が残りカビが生えやすくなります。定期的に送風モード(ない機種も最近多いですが)や抗菌機能(熱交換器を一時的に高温にして乾燥させる機能)や暖房をかけて内部を乾燥させるようにしましょう。暖房の場合外出時タイマーをかけて動かしておくのもよいかもしれません。

余談ですがこの時期ドライで25度から26度でかけると、エアコンのにおいが気になることが多いです。といってすすぎができないタイプのエアコンスプレーを簡単に使用するのは控えましょう。一時的には香料によって臭いはなくなりますが長期的に見ると問題が多いです。

【カビグッズの利用】

カビ防止用グッズも各社からでています。銀イオンやバイオ等を利用した商品も効果があります。普段の湿気対策の補助として使ってみてもよいでしょう。

梅雨明けに気持ちのいい夏を迎えるためにも、防カビ対策を実践していきましょう。

楽天かび対策グッズ一覧

それでもカビに悩まされている方の最後の手段は?何度も紹介しましたがMD123が効きます 
この商品のレビュー 凄すぎです!ドラッグストアで売ってるカビ防止スプレーは全く効きませんでしたが、本品は周囲に教えたくなるほど効きます。

除湿・かびに関する他の記事

プラズマクラスターは、かび対策に有効?

加湿しすぎで除湿機(除湿器)買ってみました。

梅雨の湿気・カビ対策 今から行っておきましょう

コンデンス除湿機の特徴・比較・レビュー

除湿機の方式の種類と売れ筋ランキング

今、人気の掃除関連の用品は?

にほんブログ村 住まいブログへ

H23.5.27修正・追記

|

« 介護事業について思うこと | トップページ | エアコンクリーニングの季節がきた »

カビ」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

掃除」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14773/15472921

この記事へのトラックバック一覧です: 住まいのカビ(かび)を防ぐ方法:

» エアコンのお掃除にも強還元水が活躍! [水のある生活]
夏前にやっておかなくてはいけないことその1。それはエアコンのお掃除なのです(^^)b今年の夏は猛暑になるかも#63647;という長期予報を聞いて、これはエアコンの掃除をしっかりしておかないと、たいへんかも(gt;lt;)とよぎった私。。。エアコンをよく見るとかなり汚れている・・・・・(@@)旦那様はヘビースモーカー#63712;いつも座る場所がエアコンの下あたりなので、なんと、エアコンがヤニ色に染まっているではないですか(^^;;;)あ...... [続きを読む]

受信: 2007年6月21日 16:57

« 介護事業について思うこと | トップページ | エアコンクリーニングの季節がきた »