« エンジン式高圧洗浄機の盲点 | トップページ | 掃除シリーズ第2弾 松居一代の開運おそうじ本 »

角度調整が可能なウェーブ ハンディワイパー のびるタイプ

これから冬に突入し、室内のホコリが増える時期になってきます。
ウールなどの衣類から出るわたぼこりが放置すればすぐ積もってきます。
そこでホコリ払いで使用できるグッズを紹介しましょう。


ユニチャームから出ているウェーブ ハンディワイパー は、昔から愛用している。先端のモップ部分のホコリを取る能力が、他のモップより優れていると思うからだ。

そして一旦ほこりをキャッチすると離れにくい作りになっている。
モップの質がよく考えられていると思う。

ホコリがたくさん付いた場合、交換すればよいのだが、自分は掃除機で吸って何度か使用している。掃除機で吸ったからと言ってホコリをキャッチする能力が目に見えて落ちるということもない。何度かはそうやって再生し使用している。

そして、化学モップのように吸着剤が付いているということもなく、再汚染の心配もない。

唯一使い古したモップがゴミになるため環境面に対しては多少劣るが。


そんな、ユニチャーム ウェーブ ハンディーワイパーに伸びるタイプがある。柄がのびて先端が対象面の角度で固定できる構造。

ユニチャーム ウェーブ ハンディーワイパーに伸びるタイプ

照明器具や桟・敷居の上、タンスなどの家具類の上部などを床に立ったまま掃除が出来る。

年末の大掃除に、短くしてハンディーでも使える。

いいですね。

ただあまりに長期間掃除をしなかった場合、家具の上からホコリが落下してくるし、ホコリが舞ってしまい体にも良くない。
やばそうだなと思ったら小さい足場にのって掃除機で作業する方がいいと思う。

そうなると、掃除機を片手に持って高所の掃除をすることになる。
そういうときに便利なのが、掃除機につなげる事の出来る延長ホース。
これは以前にも紹介しましたが、azumaの製品。

自分も使っていますが、これは次回紹介しますね。


家電Watchレビュー記事"ウェーブ ハンディワイパー のびるタイプ"
http://kaden.watch.impress.co.jp/cda/column/2007/11/05/1521.html

住まいの掃除情報~おそうじやさんにっき♪: ウェーブ ハンディワイパー改良新発売
http://nori-t.air-nifty.com/log001/2006/08/post_e76e.html

|

« エンジン式高圧洗浄機の盲点 | トップページ | 掃除シリーズ第2弾 松居一代の開運おそうじ本 »

商品情報 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14773/16986396

この記事へのトラックバック一覧です: 角度調整が可能なウェーブ ハンディワイパー のびるタイプ:

« エンジン式高圧洗浄機の盲点 | トップページ | 掃除シリーズ第2弾 松居一代の開運おそうじ本 »