« 小便器清掃ロボット「ダスベエ」完成 | トップページ | コンデンス除湿機の特徴・比較・レビュー »

除湿機の方式の種類と売れ筋ランキング

最近部屋の中がむしむししてきましたね。
除湿機への関心も高まる時期ですね。
梅雨が終わるまでは、除湿機の需要が高まります。

自分の家も、今の時期でなく冬場のガラスの結露を防ぐために購入しましたが、かなり重宝しています。

自分が購入したものは、「みずとり名人」?だったか、象印のもので、かなりタンクの容量が大きいので、水を捨てる回数も少なくて(でも結露の時期は2日に一回はあったと思う)
便利に使えました。

除湿機で人気のメーカーは、シャープ、日立、象印、ナショナル、三菱が主力だと思う。結構、ダイキン工業のものもよく見かけますね。

最近は、除湿機能と加湿機能、や空気清浄機能が合体したものもありますが、まだ高価です。


除湿機の種類は大きく分けて2種類あって

コンプレッサー式とゼオライト(デシカント)式があります。
しくみは、多くのサイトが書いてますのでここでは簡単に

それぞれのメリットデメリット

コンプレッサー式

メリット

梅雨時等、気温が高いとき威力を発揮。除湿量は多い。
電気代(料)も少ない。

デメリット

コンプレッサーの振動音がするのと重量がある。

コンプレッサー式の機種の例


デシカント式

メリット

冬場の気温の低いときも効果があるため、1年を通して使用できる。
コンプレッサーがない分軽い。

デメリット

ヒーター使用分の電気代(料)がかかる。
部屋の温度が上がる。

ということです。
自分が購入した除湿機は、冬場の結露が一番目的だったので、デシカントタイプなのですが、確かに部屋の温度は3度以上高くなっていたと思います。

デシカント式の機種の例

その辺のことをうまく考えたタイプとして
コンプレッサータイプとデシカントを夏場と冬場で使い使い分けるもので
ハイブリッド式というものもありますが、価格は他の除湿機と比較してやや高めです。

ハイブリッド除湿機
ナショナルが多いですね。


もちろんハイブリッドがおすすめめなのですが、冬場の結露は気にならなくて夏場の湿度だけが気になる方は、コンプレッサー式がいいでしょう。

デシカントタイプは、それだけで暖房がいらなくなるくらい(6畳でしたが)暖かくなります。
冬はいいのですが、夏場は暑いのではないでしょうかね。

おそらく暑いのでクーラーが必要になって、除湿機と両方で電気代も心配ですね。


やっぱりハイブリッドが魅力的ですよね。


除湿機ランキング載せときますね。価格や機能を比較して選んでくださいね。

売れ筋の除湿機ランキング

やはり、ナショナルのハイブリッドランキングに入ってますね。
ハイブリッドに将来は全ての機種が移行していくのでしょうね。

|

« 小便器清掃ロボット「ダスベエ」完成 | トップページ | コンデンス除湿機の特徴・比較・レビュー »

除湿器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14773/41091508

この記事へのトラックバック一覧です: 除湿機の方式の種類と売れ筋ランキング:

« 小便器清掃ロボット「ダスベエ」完成 | トップページ | コンデンス除湿機の特徴・比較・レビュー »