« ダンロップの新しいニトリル清掃用手袋「PRO 500」 | トップページ | ダニの繁殖時期です »

エアコンクリーニングにエアコン洗浄スプレー

ようやくエアコンクリーニングの依頼が増えてきた。

カバーを開けると、カビが多い家庭
ヤニってる家庭
油が入って換気扇状態になってるところ
幹線道路沿いの排気ガス汚れ

汚れも様々ですね。

そんな汚れにもう一つやっかいなのが、エアコン洗浄スプレーをかけた形跡のある機種があります。

掃除機も当てずにそのままかけられていると、汚れは固まってるし、大半がエアコンのカバー(表面パネル)をつけたまま噴射したのか羽根もかけてしまったのか、カバーがくっついて取れにくいこともある。
もっと悲惨な状態になっているものもあるけどこれ以上は書かない。

臭いや熱交換器の状態やにおいなどで「過去にエアコン洗浄スプレー使いませんでしたか?」と質問すると
たいてい「毎年やってる」とか「過去にやった」とかの返事が返ってくる。

なかには前回洗浄した業者のリンスや洗浄不足というのもたまにある。
というか、洗浄方法は色々あるし、どこまで行ったかにもよるので、はっきりとは断定できませんが洗浄と謳うのならせめて洗浄スプレー以上の仕上がりにしといてよって、つぶやくこともある。

まあ業者のことはどうでもいいけどスプレーだけはやめて欲しいって言いたかっただけ。

理由は過去の記事にあるので、書きませんが。。。

どうしても使いたいなら、キレイな状態で使ってくださいね。
それじゃ洗浄にならないって!





"やじうまミニレビュー
アース製薬のエアコン清浄スプレー2製品を試す"
http://kaden.watch.impress.co.jp/cda/column/2008/06/27/2511.html


こんな記事あったので気になったので書いたけどいいかげんもう、試さないで欲しい!(笑)

|

« ダンロップの新しいニトリル清掃用手袋「PRO 500」 | トップページ | ダニの繁殖時期です »

エアコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エアコンクリーニングにエアコン洗浄スプレー:

« ダンロップの新しいニトリル清掃用手袋「PRO 500」 | トップページ | ダニの繁殖時期です »