« ツインバードの静かなスティック型掃除機 | トップページ | カーエアコン消臭剤のLPガスに引火、車全焼 »

グーグル地図新機能、「ストリートビュー」削除要請次々

まったく掃除とは関係ないことなのだが、先日Googleがグーグルマップで新機能「ストリートビュー」を公開した。
マップ上で指定した地点で歩く視点で360度風景を確認できるというもの。

Kaiyukan

誰もが、自分の知っている風景を確認したいという衝動にかられて、自分の家や職場や生活圏の景色を検索していることだと思う。まだ国内では札幌、東京、大阪など12都市のみでの対応らしい。

アメリカでは、公開されている地区が日本より多いが、広大な土地だけにまだまだ網羅するには時間がかかりそうな感じだ。

写っている内容では、

別れた恋人との思い出の地▽登下校する小学生女児の無邪気な笑顔▽平将門の首らしきものが高層ビル群に浮かぶ様子▽ボヤを起こし、消防に鎮火され た直後の店舗-など、ちょっとした話題性のものから、ラブホテルに入る瞬間の男女▽立小便をしている後ろ姿の男性▽交通事故直後の道路上で、警察官から事 情聴取を受ける姿-といった深刻な場面まで、数多く見つけ出されている。

ということらしい。

他にもいろんな用途に使えるとメディアや2chなど賑わっているようだが、やはり問題はプライバシー問題。今後大通りだけでなく、路地なども撮影していくらしいので、問題は増えていくに違いないと思う。

個人的に思うけど、こんな所までデータ化して、すべての物を検索できるようにすることは便利なことだと思うのだが、そこまで今の実生活に必要なのか?という疑問も湧いた。
このサービスは、犯罪や好奇心だけでの利用の割合が高くなるような気がする。

確かに、自分が生まれ育った土地や通ってた学校が今どうなっているのか見てみたいとか、行ったことのない海外などの名所を見てみたいとかの場合には、望みを叶えてくれると思う。
しかし、産経新聞に載っていたように、「大事件の容疑者の自宅住所を求む」「芸能人の家とか、誰か晒(さら)して」「ネットオークション相手の家を、実際に確認できて便利だ」、就職や不動産購入・賃貸契約の際に悪用等々、なかには興味本位や犯罪に結びつくかもしれない使い方が考えられ、挙げればきりがない。

将来的には、考え方も変わりこのサービスがなくてはならないサービスになるのかもしれないが、現時点で有効活用しきれるのかどうか疑問。
個人的にはGoogleファンではあるが、航空写真にしろこのサービスにしろ、自分のような平凡な人間にとって、これを見たあと「へ~!すごいね」それで終わりですからね。

それにしても少し前Googleのステッカーを貼った乗用車見たけど、実はこれだったんだね。
ということは、自分も写ってるのか?
まさかこれだったとは?
どこだったか思い出せない~!


"Googleの駐車場に「Street View」撮影車の大部隊らしきものが準備されていた"


これじゃないね、自分が見たのは。こんなんだったら一目でわかるよ。

でも明らかに撮影車ですね。これは。

見て笑ってしまった。日本ではプリウスのようです。


"Google Street Viewでイケナイことをしている人を発見…?"


"グーグル地図新機能、削除要請次々 職質中の男性写真も

2008年8月6日21時26分

 街頭の風景写真が手軽に見られるインターネット検索大手グーグルの新サービス「ストリートビュー」が5日から国内で始まった。便利さの半面、映った人や家屋のプライバシーが侵されかねず、グーグル日本法人には数十件の画像削除要請が寄せられている。

 このサービスはグーグルの地図サイト上の機能。住所などで地点を指定すると、グーグル側が最近撮影した画像を無料で見ることができる。車で公道を走り、全方向をカメラでとらえている。海外では不動産会社が物件紹介などで使う例がある。国内では札幌、東京、大阪など12都市で対応し、今後拡大していく方針という。

 グーグルは「公道から撮影した画像は基本的に公開が可能と判断した」と説明。通行人の顔は自動識別機能を使ってぼかし、車のナンバーは撮影時になるべく映り込まないようにしているという。

 しかし、写真の中には繁華街の路上で警官から職務質問を受ける男性や、ホテルに入ろうとするカップルなどの画像も閲覧できる状態だ。

 このため、サービス開始直後からネットの掲示板サイトでは、個人のプライバシーにかかわるような画像を探して紹介する騒ぎが起きている。

 グーグルは、プライバシーを侵したり公序良俗に反したりする画像の削除を画面から依頼できるようにしており、通報者と相談しながら対応したいという。

 石村耕治・白鴎大教授(情報法)は「グーグルが社会の合意を得る努力をしているかや、撮影される側が情報をコントロールできる仕組みを作っているかが問われる」と指摘している。"
http://www.asahi.com/national/update/0806/TKY200808060317.html


"グーグルが裁判で反論、現代社会に完全なプライバシーなどは存在しない
【Technobahn 2008/8/5 18:27】グーグルが提供している無料の地図情報サービス「GoogleMap」の付加機能の一つとなる「Street View」で自宅内に居る模様の写真画像がネット上を通じて公開されてしまったとして、このような行為はプライバシー侵害にあたるとして米ペンシルバニア州在住の男女が同社を訴えていた裁判で、グーグル側は「現代社会にプライバシーなどは存在しない」とする反論を行っていたことが31日、明らかとなった。

裁判の中でグーグルは「衛星技術の進歩を受けて、現代では砂漠の真ん中に居たとしても完全なプライバシーなどは存在しない」と述べて、「Street View」の機能はプライバシー侵害だとした原告らの主張に対して反論を行った。
"
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200808051827



"ラブホテルから芸能人の自宅まで グーグル「ストリートビュー」"
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080806-00000924-san-soci


"“「すげー」「やばすぎ」等の声” Googleマップ日本版に「ストリートビュー」機能 …いろんな所を360度見れます"
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1154527.html

|

« ツインバードの静かなスティック型掃除機 | トップページ | カーエアコン消臭剤のLPガスに引火、車全焼 »

Google」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グーグル地図新機能、「ストリートビュー」削除要請次々:

« ツインバードの静かなスティック型掃除機 | トップページ | カーエアコン消臭剤のLPガスに引火、車全焼 »