« シャークスチームモップ 口コミ 体験情報 | トップページ | iRobotが自動掃除機 ルンバ WALL・E (ウォーリー)モデル/日本オリジナルのエントリーモデルルンバ525を販売開始 »

横浜市の小学校のトイレ掃除復活

部屋の掃除は行っているが、トイレ掃除は用務員さんに30年まかせていたがこのたび小学生がトイレ掃除も行うようになったというニュース。

他の県や市ではどうなのだろうか?自分の事を思い返すと、30年前くらい前だが、トイレ掃除は、やっていなかったように思う。クラスが4クラスくらいでもし行うとすれば、日にちや場所で割り振ることになるのだろうけど、自分にはそんな事をやっていた記憶は全くない。

トイレ掃除をすると菌に感染するのでは、ないかとか心配している人もいるというが、きちんと手袋をして、しかるべき準備をして行えば、全く問題ないと思う。そんなことをいってたらトイレ掃除してる方に失礼ですよ。

自分たちが掃除をした公共物を、自分の手で汚すというのは誰しも気がひけると思うし、治安は良くなると思う。
もちろん物を大切に扱う事にもつながるだろう。

共同で物事に取り組むより、個人主義の方向に向かっている昨今、同じ目的意識で取り組める作業として掃除は、メリットがあると思う。

昔は、兄弟などが多くて普段の生活の中で、相手のことを思いやったり、自分が今何を望まれているかということが、自然に培われたんですけどね。

今の世の中、何でもかんでもスマートに楽に行う風潮があるので、トイレ掃除などを行って今まで見て見ぬふりをしてきた部分に直面して、本当の人間としてのあり方を小学生なりに発見できる人もいるかもしれない。




横浜市立学校、トイレ清掃復活へ/10年度から全校実施/教職員から賛否両論 : ローカルニュース : ニュース : カナロコ -- 神奈川新聞
"横浜市立学校、トイレ清掃復活へ/10年度から全校実施/教職員から賛否両論

    * 子育て・教育
    * 2008/11/05

 横浜市教育委員会が、特別支援学校を除く全市立学校計五百校で、児童・生徒によるトイレ清掃をおよそ三十年ぶりに復活させることが四日、分かった。対象は小学三年生以上の予定。今月中旬以降、モデル校の小中学校十校前後に順次導入し、二〇〇九年度を試行期間と位置付けた上、一〇年四月から全校で本格実施する。教職員からは「身の回りのことを自らできるようになるのは重要」「感染症など衛生面に問題がある」など賛否両論が出ている。

 市教委によると、県内の公立学校では、横浜市の児童・生徒だけが全くトイレ清掃をしていない。トイレという共有スペースの便器や床、ドア、ノブなどを掃除することで、物を大切にする心や規範意識を養おうという狙い。少子化の影響からか、個人中心の考え方をしがちな子どもが増えているため、「公共の精神」を育てる目的もあるという。

 学校関係者のひとりは「トイレへの落書きや破損を含む暴力行為の件数が、〇五年度に過去最高に達したことも影響しているのではないか」と指摘する。

 過去に児童・生徒がトイレ清掃を実施していたこともあったが、一九七〇年代後半以降は「校務員の業務」と位置付けられてきたという。現在、小学校は昼休み、中学校が放課後にトイレを除く掃除を行っており、トイレ清掃もこの時間帯に行う予定。

 

トイレ清掃の復活は教職員の反応を二分。反対派は「公共心が育つのか疑問」「ノロウイルスやO―157などに感染しない対策が取れるのか」と指摘。賛成派は「トイレをきれいに使うようになる」「身の回りのことを自らできるようになるのは重要」と主張する。

 モデル校となった中学校の男性校長は「トイレ清掃を通して、自ら社会を良くしていこうという心を養いたい。衛生面には細心の注意を払っていく」と話している。"
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryxiiioct0810955/

|

« シャークスチームモップ 口コミ 体験情報 | トップページ | iRobotが自動掃除機 ルンバ WALL・E (ウォーリー)モデル/日本オリジナルのエントリーモデルルンバ525を販売開始 »

トイレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シャークスチームモップ 口コミ 体験情報 | トップページ | iRobotが自動掃除機 ルンバ WALL・E (ウォーリー)モデル/日本オリジナルのエントリーモデルルンバ525を販売開始 »