« アイリスプラザの掃除用品を掃除屋の目線で、確認してみた。 | トップページ | お風呂の天井のカビ取り方法+カビ予防対策 実際にやってみました »

扇風機 タワーファン サーキュレーター 同じファンでも何が違うのか?

よく、「サーキュレーターをお風呂のカビ防止に」と、お風呂の掃除のあとにおすすめしているんですが、そもそも扇風機とかタワーファンと何が違うのでしょうか?

基本的に、どのファンも涼しさを手に入れることはできます。
しかし用途が微妙に違っています。

扇風機の場合、部屋全体的に涼しさを感じたい場合におすすめです。
弱モードにするとゆらぎスイッチなどで、そよ風を作り出すことができます。
風の出る部分の高さ調整ができます。
価格も安くなっていますね。

タワーファンの場合、首も振ったりできますが、風の強さは強めで遠くまで風が届きます。
最近はリズム風なども可能になっているようです。
デザインが、お部屋に溶け込んで違和感が少ないです。狭い部屋でも省スペースで置くことができます。ファンにゴミがたまりやすく、掃除がたいへんになりがちです。運転音が扇風機より大きいです。

サーキュレーターは、基本的に空気循環のための用途に使います。どちらかと言うと一点集中で風が発生します。
エアコンの風をエアコンがない部屋に送るとか、夏は部屋の低いところにある冷たい空気を持ち上げて、冬は暖かい空気を足元に運んだりします。
お風呂のカビ対策など空間を乾燥させるのにも使えます。梅雨時など部屋干しの洗濯物を早く乾かすのにもいいですね。

電気代はどれも似たようなものですが、強いて言えば扇風機>タワーファン>サーキュレーターになります。

手入れのしやすいのは、扇風機が一番です。

持ち運んだり収納が楽なのは、サーキュレーターですね。


もう少し詳しく知りたい方は、アイリスオーヤマの特集ページがあるので、チェックしてみてください。

扇風機・タワーファン・サーキュレーター性能比較|アイリスプラザ

|

« アイリスプラザの掃除用品を掃除屋の目線で、確認してみた。 | トップページ | お風呂の天井のカビ取り方法+カビ予防対策 実際にやってみました »

扇風機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アイリスプラザの掃除用品を掃除屋の目線で、確認してみた。 | トップページ | お風呂の天井のカビ取り方法+カビ予防対策 実際にやってみました »