カテゴリー「床」の5件の記事

日本で片付けで悩む人が多いのは生活環境のせい?

エキサイトで”床にモノを散らかすのは、日本人だけ?”という記事があった。


 

他国の一般家庭の状況をみたことはないけれど、VIPが海外から仕事の関係で短期的に住むようなお宅には、何カ所か掃除にお伺いしたことがある。

見積もりも、英語がわからない自分としては、身振り手振りで行うのだが(汗)、掃除という作業は、その動作を示すと意外とすんなり伝わるのでなんとかなっている。(笑)


確かに屋内の環境は、天井も高く日本人にはなじみのない造りが多い。

そんななかで、最初にインパクトがあることといえば、屋内が土足ということ。
大抵カーペット敷きなのだが、たたきの部分は、存在している。ただ、あがりかまちの部分の高低差は少なく土砂はカーペット部分に持ち込みやすいだろう。

驚いたのは浴室のバスタブの際までカーペットが敷き詰めてあることがあったこと。
バスタブの中で全て完了ということなんだろうけど、それより気になったのがそのカーペットが汚れていない。
普通だったら、カビ生えて黒くなったりしそうな物だけど、足ふき用のバスタオルが一枚敷いてあるだけ。

きれいに掃除されてるのだ、といってしまえばそれまでだけど、それだけではないと思う。

風呂に入る一連の過程で、カーペットが汚れる状況が発生しないのが原因のような気がする。ようするにバスタブの中にカーテンを垂らして、バスタブの中で体を洗い、バスタブの中ででタオルで拭く。そうなるとバスタブの外に出たときには、足先しか濡れていない事になる(と思う)。万が一カーペットが汚れても、それをきれいに保つ方法を知っているということもあると思う。

それにしても床の状態は、あまり散らかっているお宅は見たことがないですね。

たまたまだったのだろうけど。



床にモノを散らかすのは、日本人だけ?という話に戻るけど、それは日本がどんな生活様式を経て今に至るかをみればヒントになるかもしれない。

日本では、昔から基本的に腰から下の生活文化が浸透してきた。生活動線が床に近く、食事は座卓で行い、風呂は座って体を流し、トイレも和式で目線が床に近い。

しかし大正時代からイスを使うことが奨励され、昭和初期に和洋折衷がよいとされて、応接室をつくり、普段の生活は、畳の部屋で行うという生活スタイルが生まれた。寝食分離ということが起こったのもこの頃からだ。

昭和30年から40年代にかけてカーペットが普及し、ますます洋式の生活に皆があこがれ、取り入れるようになっていった。ダイニングという空間が生まれそこにテーブルを置き、食事することがリッチとされた。

そして今は、フローリングの全盛時代。掃除のしやすさも手伝って、どこへ行っても昔でいう板の間である。


しかし、その様な生活様式の変化の中で、床に近い生活が無くなったかといえば、そんなことはない。

マンションでも一部屋は和室を残したり、リビングの一角に琉球畳を一部に敷いたり、シャギーラグをピース敷きにしてくつろぐ家庭も多い。そして床の生活を忘れていない証拠に、床暖房というものもかなり普及している。もちろん床暖房で部屋を暖めることもできるが、それよりホットカーペットや床暖房は、じかにその上でくつろぎたいという欲求を満たしているのだと思う。

皆が洋式文化にあこがれる反面、心の根底には、床で転んだり、座ったりして過ごす事が日本人にとって一番の安らぎの場というのは、時代が変わっても変わっていないような気がする。

オーダーメイドつっぱり棚幅45~59cm

そんな生活の中で、床から手の届くところが散らかってしまうというのは、必然的にうなづける。でもそれが日本人だけか?となると早合点ではないだろうか?

しいて言うならば、今の大半のかたづけられない家庭に当てはまることが、物の量が収納場所キャパを超えているということだろう。

物の量を減らすには、舛田光洋氏が言うようにレベルを下げるものいつか使うもの、もったいないものをどんどん捨てるか、限られた収納場所を有効に使うために、近藤典子さんの本を読んで四苦八苦しながら、押し入れや棚にに突っ張り棒を付けたりして、いかに器の中身をを有効に利用できるかを考えるしかない。まあ、改装工事とかできるのであれば、はるかに悩みも少なくなると思うけど、なかなか簡単にはいかない。

きちんとかたづいている家庭は、それなりに収納場所もあるし、常に物の量もコントロールされている。無駄がない。出した物、使った物は、いつも元の位置に戻っている。部屋が狭い、大きいは関係ない。

土足でないことが床が散乱することと関係があるかというと、可能性としては少ないのではないか。かたづけることに国境はないし、それ以上に普段の心がけ一つだと思う。


先日、建築家の中村拓志氏がTVに出ていた。スッキリしたデザインで、「あ~住んでみたい」と思った。反面、「おちつかんやろなあ~」という気持ちがどこかにある。

この落ち着かない気持ちというのが、床離れできない理由なのかもしれない。


今、人気の掃除関連の用品は?
にほんブログ村 住まいブログへ

"床にモノを散らかすのは、日本人だけ?"

"ブラジルで暮らしたことのある友人が、先日、こんなことを言っていた。
「床にモノ散らかすのは、日本人だけなんですよー。他の国はみんな土足だから、机の上とかにはモノを置くけど、床には置かないんです」
ああ~、だから我が家は……と、妙に納得して自分を正当化してみたが、これ、本当に「お国柄」なのか。

中国人の知人に聞いてみると、
「日本は部屋の中で靴はかないから、すぐ座れるし、モノ置けるし、ラクだね~」
と言われた。"

続きを読む (エキサイトニュース)
http://excite.co.jp/News/bit/00091177640966.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AURO(アウロ)天然床ワックス

最近ネットでもよく見かけるAURO(アウロ)天然床ワックス。

この写真見ると「見たことある」という方も多いのではないでしょうか?

成分は、 水・カルナバロウ・蜜蝋・亜麻仁油スタンド油・亜麻仁油・オレンジオイル(シトラス)・ダマール樹脂・ミルクカゼイン・ホウ砂・ホウ酸・メチルセルロース・ローズマリー油・ユーカリ油・珪藻土・植物アルコール


要は蜜ろうワックスですね。このタイプは均一に塗布した後よく乾燥させます。そして昔から、ぬか袋で床を磨いていたように、乾いた布でいいので、こすって磨いてください。最初のうちはロウが多く乗っているところと、そうでないところとの光沢の差が出ると思いますので、光沢が鈍いところに再塗布し、よく乾燥させ再度磨いてください。あってこれを何度か繰り返し、均一に乗るようにしてください。薄いところがあると磨きむらが出てきます。。磨くほどに光沢が出てきます。

ただ、このAUROは30倍に水で薄めて使用ということなので、光沢はあまり望めません。
どちらかというとフローリングより白木の床の方が相性があうと思います。それとこういったワックスや油性のワックス等は、塗布後に樹脂ワックスに切り替える場合、剥離をしなければ密着不良を起こすおそれがありますので、切り替え時には、注意が必要だと思います。

しっとり感のつやより、本来の「つや」をお求めの方は樹脂ワックスやフロアマニュキアをおすすめしますね。


以下 引用

一般的なワックスは石油成分で作られたものが多く、開けた瞬間からきついニオイを感じる方も多いのではないでしょうか。部屋全体のワックスを終えるころには頭痛がする方もいらっしゃるかもしれませんね。

AUROは100%自然成分で作られており、パートナーだけでなく、人間の赤ちゃんがなめても問題ないほど安心なんです。ニオイも石油臭くなく、さわやかな柑橘系の香りなので部屋を閉め切って使用しても大丈夫です。仮に素手で使用しても刺激はほとんどありません。

ペットを飼われているお宅でも、なめても安心です。

一般的なワックスは使用前に水拭きなどの準備が面倒
ですが、AUROなら一度拭くだけでOK。
通常のお掃除の感覚で簡単にワックスがけができます。
いつもお掃除するのと同じ手間で、フローリングを美しく保てます。

引用終わり


10日ほど前、万博公園に行ってきたんですが、民族学博物館の入り口に、このAUROを塗装した台?が置いてありました。何でこんなとこに、こんなものが、何のために?

詳しい方教えてください。気になって眠れません。(笑)

Imgp3687 Imgp3686

単なるAUROの宣伝でしょうか?それともこの台の上で民族音楽を奏でながら踊るのでしょうか?おそらく菊水化学工業さんのデモでしょう.。

表面をさわってみるとべたつきもなく、さらっとしていました。白木に塗ってあるためか、光沢はそんなにありませんでした。質感はいい感じです。樹脂ワックスをむりやり塗布したわざとらしい光沢ではなくて、これ!いいんです。

こういったウエスタンレッドシダーのようなウッドデッキに塗布しても水をはじいていい感じですね。ただこの家庭用(Nr-431)のAUROはウレタンが入っているわけではないので耐久性はどうなのかわかりませんが。おそらく外装用のAUROを塗布しているのでしょう。

菊水化学工業株式会社

AUROってなんだ?と思う人はココで。
AURO日本総代理店イヌイ株式会社
         AURO 商品分類
         自然塗料のAUROについて
         (↑いい面、悪い面、載ってます)

ii-shop AURO Q&A集

AURO本家  AURO Naturfarben - Farben fürs Leben

思いっきり、塗装やさんの範ちゅうですね、これは。

クリーニングと塗装の垣根がなくなってきますね。こういった部分が、けっこう大変なんですが。まあココまでにしておきます。

話は戻りますが、この台、しばらく見とれてました。
普通の人が見れば、単に茶色に塗装した台にしか見えないと思いますが。

近くの方で見に行ける人であれば、一見の価値ありです。

Imgp3680


楽天市場AUROワックスのページ



 
人に環境にやさしいドイツ生まれの天然床成分ワックス【AUROフロアー用ワックス(500ml) 】


| | コメント (0) | トラックバック (1)

「メタフィス」のUzu(ウズ)

無印良品のようにデザインに統一性を持たせ、またそのデザインを管理するメタフィスシルバー精工と手を組んで作った掃除機。あくまで2台目のサブ的の用途に絞って開発されている。
充電池の寿命は1年から1年半くらいで電池の価格が1万円弱。
製品紹介のFlashで最初にワイヤレスなので通常の掃除機の感覚での購入には注意ということをうたっている。
あきらかに用途を絞った作りです。
性能はそこそこで、デザイン重視の方は欲しくなるでしょうね。
しかし、これを置いて似合う部屋がどれだけあるのか?
これまた、購入者も絞られてくるでしょう。

以下抜粋




ポップで使いやすいデザイン掃除機

Uzu

 「年末の大掃除は家族みんなで……」という家庭も多いのではないでしょうか。そんなときに活躍するのが、誰でも手軽に使える小さめの掃除機。リビ ングなどを掃除する人はハイパワーの掃除機で、子ども部屋などを掃除する人は小型掃除機でと、2台を上手に使い分けて一度に掃除すれば、時間も節約できて 便利です。

 そんなときに役立つのが、「メタフィス」というブランドから発売されているサイクロンクリーナー「Uzu(ウズ)」。どこでも手軽に掃除ができる コードレスタイプで、階段などでは本体のハンドルをつかみ、持ち運びながらの掃除も可能です。ホースが伸縮式で本体に収めることができるので、収納時も場 所を取らずコンパクト。

 ポップでユーモラスなデザインも魅力的で、納戸などに収納してしまうのはもったいないほど。部屋の片隅に置いておけば、インテリアのアクセントとして、また思い立ったときにすぐ手に取ることのできるセカンドクリーナーとして、大活躍してくれそうです。

 モーターには定電力制御方式を採用、電池の消耗に関係なく、一定した吸引力を保ちます。バッテリー持続時間は標準モードで約40分間、ハイパワーモードなら約12分間。お手入れも、カバーを開けてゴミを取り出すだけと簡単で、紙パックも必要ありません。

 掃除を思い立ったら、ハンドルのロックボタンを押せばハンドルが浮き上がり、すぐに掃除ができる状態に。カラーは遊び心あふれるオレンジのほか、白、黒の3タイプ。こんなかわいい掃除機なら、家族のみんなもついついお掃除したくなるかも?

メタフィス事務局
◆TEL:06-6854-5963
◆e-mail:info@metaphys.jp
http://www.metaphys.jp/store

大掃除が楽しくなる「新世代掃除機」

★Uzuを楽天で見てみる★

 



| | コメント (0) | トラックバック (1)

常藤和子さんのひざ当て

寒くなってきた。床の拭き掃除も、冷え性の方には、つらいところ。
ひざをついて、の掃除も少しは楽になればと思う方も多いのでは。

常藤和子さんが古靴下と、肩パットを利用して作ったひざあての記事があった。

自分も床の拭き掃除はつらいものがある。半月板がすれて、小さくなっているらしくあまり長時間はできない。
サポーターをつけてやったこともあるが、売っているものは、スポーツ時使用の分厚い物が多く、動きにくいことも多い。
靴下ならそんなに厚くないし、肩パットの厚さもショックを和らげるのにちょうどいい硬さだと思う。

皆さんも参考に作ってみてください。

"靴下と合体 お掃除軽快"

毎朝、台所の床や玄関周りをぞうきんがけしています。床の汚れって目立ちますから。でも不愉快なのが、ひざの部分がぬれて汚れること。素足だとひざ頭が黒ずみそうだし、これからの季節は冷えますよね。

写真

肩パッドと古い靴下でひざカバーを手作り

 そこで登場するのが、先週も紹介した洋服から外した肩パッド。夫が使っていた古い厚めの靴下の中に、肩パッドを入れて、ひざにサポーターのように巻き、ぞうきんがけをしたところバッチリ! 肩パッドがクッションになり、ふき掃除が軽快で楽しくなりました。

 作り方は、靴下のかかと部分に肩パッドを入れ込んで、つま先にボタンホール、ゴム部分にボタンをつけてはめました。でも単純に縫いつけてもOKです。靴下は伸びるので、自分の足回りより少しきつめの方がずれませんよ。

(常藤和子・リサイクル収納アドバイザー)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペットの抜け毛にお悩みの方に朗報!!

ペットの抜け毛にお悩みの方に朗報!!
フローリングは吹き掃除感覚!たたみの目に入った、ほこりやダニにも効果的!

商品の特徴 ペットの抜け毛がよく取れる秘密!
●前後に往復させると、エチケットブラシ効果で頑固な綿ぼこリや糸くずが中央の吸い込み孔へ集まり、掃除機がまとめて吸い込みます!

ペット ミラクリーナー
ペット ミラクリーナー


昔からよくある、エチケットブラシ付き掃除機ノズルです。

こういったノズルは、毛もよくとれますが、メリットは床にキズが付きにくいということでしょうか。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Google GPS IHクッキングヒーター inax iRobot Thunderbird TOTO Wii windows vista Youtube あるある大辞典 うろこ おすすめサイト おすすめ店舗 お掃除アンケート お掃除エアコン お掃除クロス お掃除ロボット お風呂の滑り止め きのこ きの小いす くもの巣 すきま そうじ力 ちりとり ぬめり はき掃除 ひざあて ふとん ふろしき ほこり めざましテレビ アクセスランキング アフィリ アフィリエイト アマゾン サイバーマンデー アラウーノ アレルギー アンケートフォームより ウェブログ・ココログ関連 ウォシュレット ウォータープッシュ エアコン エキスポランド エステー化学 エチケットブラシ エビ エレクトロラックス カイロ カップヌードル カテゴリー 目次 カビ カビキラー カーテン カーペット ガスコンロ ガチャピン ガラス キーボード クイックル クッションフロア ケルヒャー ココロボ コンセント コンロ コーティング ゴキブリ ゴミ箱 サイクロン シャムワウ シャークスチームポータブル シャークスティックバキューム シール ジョンソン スギ スクイジー スクラビングバブル スチームクリーナー スチームモップ ステンレス スピン&ゴー スポンジ スマホの掃除 スマーボ スリッパ タイムズ タモリ倶楽部 ダイエット ダイキン ダイソン ダニ トイレ トップページ トラッキング ドライヤー ナショナル ニュース ノーリツ ハウスクリーニング ハウスダスト指標計  ハト バス バレンタインワールド パソコン パソコン・インターネット パラマウントピクチャーズ ファン フットラダー フリーソフト フローリング ブラインド ブラインドタッチ ブラシ ブログパーツ ブログランキング ブロワ プラズマクラスター プリン プール ベランダ ベルメゾンネット ペット ホットサンドパン ポッドキャスト ポリッシャー マイクロファイバークロス マツイ棒 マミロボット メラミンスポンジ メールソフト モップ ヤニ汚れ ラジコン リフォーム ルンバ レイコップ レンジフード レンジフード 換気扇 ロボット ロボット掃除機 ワックス ワンルーム ワールドビジネスサテライト 三洋 三角折り 不二家 事故 介護 住まいのお役立ちサイト集 住まい・インテリア 体臭 使用感 便利グッズ 便器 光触媒 冷蔵庫 千趣会 収納 台所 吸水 吸着 商品情報  喫煙 墓掃除 壁紙 大掃除 大気汚染 定額給付金 実演販売士 害虫 家事代行 家具 家電 小型扇風機 就職 尿石 年末掃除 床掃除 引越 引越し 当ウェブサイトのプライバシーポリシー 御堂筋 扇風機 手袋 抗菌 押入れ 拭き掃除 掃除 掃除の技術 掃除の方法 掃除チェックリスト 掃除本 掃除機 掃除機アタッチメント 掃除用品ランキング 掃除用品・道具探し 掃除道具 掃除関連カテゴリーピックアップ 排気ガス 排水口 排水溝 換気扇 携帯 携帯・デジカメ 携帯電話 放射性物質除染 敷引き 新商品2007.10 新素材 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 東急ハンズ 松下電工 松居一代 枯れ葉 染めQテクノロジィ 梅雨 森永 椅子 楽天の特集紹介 楽天24 歯の掃除 歯ブラシ 母の日 水槽 水漏れ 汚れ落ち比較 油汚れ 洗い桶 洗剤 洗濯 洗濯パン 洗濯機 洗車 洗面所 浴室 浴槽 消臭 温水洗浄便座 湯ノ花 漏電 熱中症 熱暴走 熱湯 父の日 犬小屋 独立のあしあと 玄関掃除 現状復帰 生キャラメル 番組で紹介されたもの 磨く 空気清浄機 窓掃除 箒(ホウキ) 糞掃除 納豆 絵本 網戸 美容院・散髪屋 耳掃除 耳掻き 脚立 腰痛対策 舌掃除 花王 花畑牧場 花粉 視力 超音波 車掃除 近藤典子 部屋干し 配管 重曹 釣り 銀イオン 防水 防虫 除湿 除湿器 除菌 階段 雑貨 電化製品の掃除 電子レンジ 電気コンロ 風呂 風呂掃除 風神雷神 高圧洗浄機 高所 黄砂 CCP ラクリート PS3 SNS TV掃除 TV画面の掃除