カテゴリー「便器」の5件の記事

トイレの尿石落としにsanit pumie(パーミイ・ピューミー)とデオライトL

トイレの便器を長期間掃除しないと、便器の表面に黄ばみが発生したり尿石の付着が始まります。
洋式便器の水たまりの上部境の所にも線が入って取れない。
洗面台の洗面ボウルの表面の黄ばみなども困りものです。

Pumie

そんなときに使える軽石のようなパーミーを水で濡らしてこすってみましょう。
研磨力で、汚れ水あかもすっきり。軽い尿石もこれで除去できます。

(金属、ガラス、塗装物、グラスファイバーには使わないでくださいね。)

尿のリン酸塩、カルシウム塩、尿酸が分解してひどい尿石の場合、固形化して取れにくくなったり配管が細くなって流れが悪くなったりします。そういった場合はデオライトLが有効です。

L

尿石除去にはデオライトL

発売元は和協産業。配管清掃薬剤のピーピースルーで有名な会社です。

本当の名前はパーミイといいますが、なぜかピューミーで通っていますね。

便器の黄ばみ汚れや尿石でお困りの方は使ってみてくださいね。

ビューミー一本

ピューミ12本入り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

商品の売り方に関して思うこと

光触媒技術を利用して、汚れを防ぐ方法が幅広く広まった頃から、掃除を楽にするということに注目が集まり、今では、掃除ブームということもあって身近な家庭用品にも掃除のしやすさをアピールした商品が増えてきました。

松下電工の「アラウーノ」は、今までの便器の概念を覆す内容でかなりヒットしていますね。
しかし、賃貸住宅の方(自分も含めて)には、商品自体の存在を知っていてもどうしようもできないんですね。
既存の便器で汚れを付きにくくしようと思えば、コーティングすればいいのだが、一般的ではない。もうすこしコーティングや既存の便器でクリアできる方法が確立されれば利用する人も増えるとは思うんですが。その辺の顧客を取り込めたメーカーが勝ちだと思う。現状では一部の顧客しかターゲットになってないですよね。


記事に、「成功事例を見てもわかるように、消費者は掃除機能に高い関心を示す。ただ、三洋は業務用機器、松下電工は施工ルートでの販売。市場に認知させる力が問われ る。「機能が優れていても負けることはある」。松下電工の住建マーケティング企画グループの辻岡大輔氏はこう話す。成功をつかむには確かな商品力に加え て、マーケティングなどの販売政策と一体になった取り組みが重要だ。」とある。

コーティングの技術もあがっているのにいまひとつ認知されない。
施工している業者も誰もが知っている業者なら顧客もとっつきやすいが、名も知れない業者がいくら写真等で説明しても難しい部分はあるし、一旦痛んで傷になった部分の汚れは完全に取り去ることが厳しいから、既存の便器を掃除して新しくコーティングするにも限界があるのかもしれないが。

やはり、名の知れた業者が強力なマーケティング力によって、安心だということを広めてもらうか、営業経費をかけれない小さな業者が他社にはない技術力の高さをもって口コミでコツコツと顧客を増やすか?
やはりいずれにしてもマーケティング力は、重要なファクターを占めるのだと思う。
技術力はあっても、売り方を知らなければ、顧客は集まらない。



皆さんは「セフィオンテクト」という言葉をご存知でしょうか?
実は汚れの付きにくい便器はとっくの昔にTOTOさんが実現しているのです。
このページを見ればTOTOさんがトイレの掃除という部分に対して力を入れていることがわかります。もちろんINAXさんもプロガードや抗菌キラミック等を導入し応戦しています。

しかし、同じような汚れ防止の技術なのになぜ「アラウーノ」の認知度はあって、セフィオンテクトやプロガードの認知度は上がらないのか?

自分なりに考えてみると、第一に商品のコンセプトからして全く違うのだと思います。
TOTOやINAXは、既存の便器+αと言う考え方、一方松下は、電化製品の一部という位置づけだと思います。

材質が陶器でなくアクリル樹脂、音楽が流れるトイレ、洗剤がトイレを洗う。全く今までにはないものなのだから顧客が興味を持たないはずがないです。
使用目的や汚れが付かないと言う部分はどのメーカーも一緒なのです。
それ以外の付加価値でインパクトを与えることで、一度見聞きしたら頭から離れない。

これこそマーケティング力の賜物だと思います。

そう考えると、これからTOTOとINAXも十分巻き返しをはかれると思います。
ただ、トイレというものが家族の中で唯一簡単に作れるプライベート空間であるということをもっと意識すればの話ですが。そういった時代の流れをいち早く察知した結果「アラウーノ」はヒットしたのでしょう。


それにしても

”アラウーノ投入前のタンクレストイレの国内シェアは約7%。今では20%にまで上がった。戸建て用、新築マンション用に加え、マンションリフォーム用も追加。多様な商品群で、一層のシェアアップを狙っている。”

コレってすごいことです。あの短期間のうちに13%もシェアを伸ばすとは。マスコミを利用しての宣伝力も効果を発揮したのでしょうね。

今回の「アラウーノ」の快進撃を見て、固定概念で商品を作っていくことの害を見たような気がします。もちろんそこには技術力も必要ですが、顧客に「あっ!」と思わせる仕組みを作ることも重要なんだなと思いました。

掃除を商品にする場合も、いつもと同じ方法で営業し、何か言われたら値引きばかりして、なおかつ自分は他社よりこんなに技術力があるなんて自己陶酔しているようではだめでしょうね。

”「機能が優れていても負けることはある」”
掃除業界にもよくありますね。せっかくいい技術を持ってるのに。。。。ってこと。
売上がいいとこが技術力が高いかと言えばそうでもないですよね。

業界の平均以下のレベルじゃ問題ですが、一定レベルの技術があれば、あとは売り方次第だと思いますね。


掃除用品ランキング

掃除用品販売店

既存のトイレを簡単に汚れ防止トイレに変身させるのが当たり前になる時代が早く来て欲しいですね。だれか敷居の低い安心できる業者さんいませんかね。(笑)

それにしても、何から何までお掃除機能。なにがメリットなのか、本当にトータル的に費用をかけた分、メリットはあるのかを消費者もよく研究して選んだほうがいいです。

便乗する者も現れるから気をつけた方がいいですね。



"業務・住設機器にも“お掃除機能”-三洋電・松下電工が上位追撃

2007年08月02日

 自動で内部をきれいにする“お掃除機能”を搭載した製品のすそ野が広がっている。エアコンに代表される白物家電で注目の掃除機能が、業務用の液晶プロジェクターや住宅設備のトイレにも採り入れられた。メンテナンスの手間を省く機能は利用者の関心が高い。ニーズの具現化で事業拡大に結びつける。(大阪・大友裕登)

 【長寿命化】

 三洋電機の高輝度プロジェクター「LP―XP100L」は、12キログラム以下の中型機でランプが一つのタイプ(一灯式)として業界最高輝度。加えて新開発の「アクティブ・メンテナンス・フィルター(AMF)」システムを搭載した。

 AMFはカートリッジに10枚分の長さのフィルターを巻いて収納してある。フィルターの目詰まりを吸気の風量から検知し、汚れて交換が必要な部分を自動で巻き取る。10回のフィルター交換がカートリッジを1回交換するだけで済むようになる。フィルターの寿命は業界最長の1万時間。メンテナンスの手間を大幅に軽減する。

 【シェア争奪戦】

 AMFの機能が発揮されるのは、天井からつり下げる大型の劇場などへの設置。天井に取り付けるとフィルター交換に手間がかかるため、メンテナンス効率の良さが訴求点となる。

 三洋はAMFを中・大型の液晶プロジェクターに順次搭載する。同社の液晶プロジェクターの世界シェアは現在OEM(相手先ブランド)供給を含めて9%強(金額ベース)で、セイコーエプソンに次ぐ2位。荒田正プロジェクター事業部副事業部長は新技術で「トップに返り咲きたい」と意気込む。エプソン追撃の武器と位置づける。

 松下電工は全自動お掃除機能付きトイレ「アラウーノ」を発売し、TOTO、INAXの先行2社を猛追している。アラウーノに新技術を惜しみなく注入した。まず便器の素材に従来の陶器を使わず、有機ガラス系新素材を採用。水あかがつきにくく、ついても落としやすくした。

 また、水の中に気泡を含ませる新洗浄方式で、水を流すたびに汚れを洗浄する機構を搭載。掃除の手間を省く機能が受け、販売台数を急激に伸ばしている。

 アラウーノ投入前のタンクレストイレの国内シェアは約7%。今では20%にまで上がった。戸建て用、新築マンション用に加え、マンションリフォーム用も追加。多様な商品群で、一層のシェアアップを狙っている。

 【製販一体】

 お掃除機能といえば、松下電器産業の家庭用エアコンに搭載されている「お掃除ロボット」が有名。フィルター掃除が不要となる利便性に注目が集まり、販売を強力に支えた。05年度にダイキン工業を抜き、国内シェアトップに返り咲いた原動力といえる。

 成功事例を見てもわかるように、消費者は掃除機能に高い関心を示す。ただ、三洋は業務用機器、松下電工は施工ルートでの販売。市場に認知させる力が問われる。「機能が優れていても負けることはある」。松下電工の住建マーケティング企画グループの辻岡大輔氏はこう話す。成功をつかむには確かな商品力に加えて、マーケティングなどの販売政策と一体になった取り組みが重要だ。"
http://www.asahi.com/digital/nikkanko/NKK200708020020.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アラウーノがんばってます。

スポンサードリンク

Arauno_2以前にも、松下の便器、アラウーノ開発秘話で実際に擬似汚物を使用して汚れがつきにくいトイレにするために試行錯誤したという事を書いたが、、、、「擬似汚物開発」に2年を費やした「汚物博士」こと、川本早高さん談



「汚れにくい素材や洗浄力を実証するためには、実際に『人の汚物』が必要だったんです。これまではスポンジ状のもので試験していましたが、よりホンモノに近づけるため、素材や配合、形状をかえて、それこそカウントできないほどの大便をつくったんですよ」

社 内スタッフ15人ぐらいの「現物」を毎日採取し、成分配合や重量、長さまで分類し、さらに、「ホンモノに近い出方」を追求するため、「
大便出し機1、2 号」まで製作した結果、ようやく2年を経て、5種の便を作成したという。ここまでこだわったトイレへの情熱は何なのか? 酒井さんは力強く言う。

「新素材のトイレで革新を起こします!」


すごい。。アラウーノを使用するときは、汚れ落ちをじっくり観察しましょう!



アラウーノ脱帽です!!


"擬似汚物も開発!? 掃除いらずのトイレ開発秘話"


それにしても最近トイレネタ多すぎ。

今年のキーワードは団塊 or トイレという事で。。。。。。

関連記事

おそうじやさんにっき♪: 住設各社が便器新商品投入

おそうじやさんにっき♪: トイレ掃除は3カ月に1度でOK(2)

おそうじやさんにっき♪: アラウーノ続編

 
にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TOTOウォシュレット「アプリコット」

20070131_toto5thumb

便座のみの購入対象者に朗報ですね。
一度使ったら手放せない商品にこのウォシュレットが上位に挙げられるそうです。

年々掃除がしやすくなってます。
価格もかなり下がってきてるのではないでしょうか。




TOTOは、ウォシュレット「アプリコット」にさらに便利な機能を追加し、「NEWアプリコット」として2月1日から発売する。

 TOTOは、1980年から「レストルームを快適で清潔な空間にしたい」という声を形にしたウォシュレットを発売。年々進化を続け、1999年に は左右に貯湯タンクや操作部のない、袖なしタイプの「アプリコット」が誕生し、コンパクトなデザインなどで消費者から高い支持を得ているという。

 今回の「NEWアプリコット」には、ウォシュレット一体形便器「ネオレストAタイプ(2006年8月発売)」の“フチなしウォシュレット”をはじめ、 “クリーンコート便座”・“フラットリモコン”・“スーパーおまかせ節電”など、便利な機能をシートタイプ(便座のみでも購入できる、便器と便座が別々に なったタイプ)に初めて搭載した。

 “フチなしウォシュレット”は、便器と便座の接合部において、便器フチに沿って便座の機能部分を切り欠いた形状のもの。“見た目には気づかない汚れ”が 付着する部分をなくすことで、“トイレの臭い”対策にもなるという。おすすめのフチなしトイレとセットすることで、掃除のしやすさが格段に向上するとのこ と。便座の裏側は、汚れをはじく効果の高い特殊樹脂で加工しているので、汚れがつきにくく、落しやすくなっているという

 また、“フラットリモコン”は、よく使うスイッチを四隅に配置し、スイッチ1つひとつが大きいので押しやすく、家族みんなに使いやすいユニバーサルデザイン設計となる。

 “スーパーおまかせ節電”は、使用しない時間帯は自動でヒーターを切る機能。さらに、凹凸のない形状、シンプルな色使いなど、デザインも一新。利用者の好みの空間にとけこみやすいデザインだとしている。

[小売価格]10万9200~19万8450(税込・工事費別)
[発売日]2月1日(金)


"TOTO、快適性・清掃性を進化させたウォシュレット「NEWアプリコット」を発売"

TOTO:TOP リフォーム・増改築、システムキッチン、ユニットバス、洗面、トイレ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

掃除情報過多の世の中

去年は掃除ブームの年だった。ことしは少し落ち着くと思うが。掃除は、日常の当たり前の作業ではあるが、自分で掃除をしない人、反面、掃除が趣味といわれるくらい好きな人。何かしら2極化してきているように思える。
掃除は、体が元気であれば、やろうと思えば出来ないことはない。
しかし、いざ行うとなると、できるだけ楽に出来ないかと考えてしまうもの。
昔は、ほかの方法を知ろうと思っても、知り合いに聞くか本を読むか、TVを見るしかなかった。
調べようという意識は皆、昔からあったのだろうけど、今みたいに一つのことに執着して奥深く知ろうという風潮はは一部の人々や専門職でない限り少なかったのかもしれない。というかおばあちゃんの知恵的な情報は、代々語り継がれてきたのである。
しかし核家族化がすすみ、そういった形で情報を得ることも難しくなってきた。お年寄りと住居を共にしていたとしても、そのお年寄り自らが若い頃に経験がない状況も増えてきている。
そうなれば今の人々がメディアから情報を得ようとする事も自然の流れだと思う。

それに呼応するかのように、情報を提供する側も工夫を凝らし、視聴率、アクセス数、閲覧数を増やすために、人とは違った情報を四苦八苦しながらかき集め、人々の欲求を満たすべく日々情報を発信しようとする。

ネットで検索。TVの情報番組を参考に。主婦向けの月刊誌にも掃除ネタが満載である。

TVでは雑学番組がクイズ形式に仕立てられて毎日のように放映されている。メディア側も今までに無い情報を提供しようとするあまり、詳しく調査することもなく番組が作られるている場合も少なからずあるように思う。
ネット上にもその様な情報があふれている。
情報を受け取る側は自己責任という言葉の上にコントロールされ、何を選ぶか常に危険がつきまとう。そういったことに慣れている者でもどの情報を選択すればよいか悩むこともある。何が正しいのかは、本当のところ誰も教えてくれない。情報量が多すぎて、情報に振り回されている現実もある。
情報の選択が苦手な人々、世代がある。そういた人たちに対しても同レベルの情報が垂れ流されている。危険だと思う。

ニトリ 学習机+ライト+学習イスセット(COMTECH-1007L-NA/カイテンチェア KWS116GR1BL)送料Bパターン

なぜこんな事を書いたかというと、ご存じの方もいらっしゃると思うが、12月中旬のニュースで「放送したトイレ掃除法 便器破損の恐れと呼びかけ」という記事を見つけたからだ。
自分も番組を見たわけではないので記事から推測するだけだが、便器に熱湯をかけると消毒と汚れ除去効果があるという内容だったらしい。

普通に考えると対象面が膨張して圧力がかかって割れることぐらい予想がつくが、視聴者がそれを真に受けてしまう可能性は、大いにあると思う。
過去に番組は忘れたが、白いんげんダイエットの情報時にも、腹痛の方が多くでて、情報提供不足が露呈した例もある。

携帯やネットの普及によって無料で情報を得ることができるようになった反面、昔以上に誤った情報も氾濫している。しかし誰もが簡単に情報を発信できるようになったことによって、限られた意見しか取得できなかった時代と違って、他者の意見を総合して判断できる事にもつながっている。学者個人が述べることが影響力を持っていた時代から、世間一般の意見を集めた情報の方が価値がある時代に入りつつある。

ネットの氾濫は、本当に一長一短あるのだろう。

情報を発信する側、受け取る側のモラルは、実生活での人間関係のモラルと同じレベルで考えないと行けないと思うが、ネット上では何をやっても自由という考えがどこかにある。

発信側と受信側がお互いに秩序を保ちながら発展していくことを望むばかりだ。

時代の流れが早くなるにつれ、受信する側も何を選択し捨てるべきか、早い対応が望まれている。その部分での慣れと勉強は必要だと思う。

google八分」のように情報が操作されることも現実にあり、情報が加工されて届いていることもあるということも頭の片隅に入れておくべきだと思う。

掃除ネタも驚くほどの量に達しているが、行ってみても、もう一つ汚れが取れない事も多い。色々な条件下があるので、いちがいに書いている通りには行かないと思うし、汚れの質や力の微妙な掛け具合によって仕上がりも全然違ってくる。料理を例にとれば、わかると思うが、調味料を入れるタイミングや下準備のちょっとした違いでも味は変わってくる。それと同じようなことが掃除にもある。
今回の便器が割れる的な情報は、上記のようなレベルではなく、それ以前のテスト不足というか、まあ制作会社自体、誰かから聞いたネタを安易に採用しているのだろう。
そういったつまらない情報に惑わされないように、一般聴取者も予測や気づきの意識を高め、疑ってかかるくらいの気持ちで接するようにした方がいいと思う。
正直言って掃除業界の人間からすると、このような情報が流れること自体寂しいのです。

                                                       以下記事抜粋

 

TBS:放送したトイレ掃除法 便器破損の恐れと呼びかけ-今日の話題:MSN毎日インタラクティブ
"TBS:放送したトイレ掃除法 便器破損の恐れと呼びかけ

 TBSは19日、情報番組「はなまるマーケット」で紹介したトイレ掃除法が「便器を破損させる恐れがある」として、同種の方法を試さないよう同番組と番組ホームページで呼びかけた。

 TBS広報部によると、15日放送の同番組で「トイレ掃除の前に熱湯を便器にかけると、消毒になり、汚れも落としやすくなる」などと紹介した。しかし放送後、視聴者から「ひびが入った」と苦情が寄せられたほか、業界団体からも指摘を受けたという。

TOTO:重要なお知らせ
"    トイレ掃除に関するご注意<熱湯を使わないでください>"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

Google GPS IHクッキングヒーター inax iRobot Thunderbird TOTO Wii windows vista Youtube あるある大辞典 うろこ おすすめサイト おすすめ店舗 お掃除アンケート お掃除エアコン お掃除クロス お掃除ロボット お風呂の滑り止め きのこ きの小いす くもの巣 すきま そうじ力 ちりとり ぬめり はき掃除 ひざあて ふとん ふろしき ほこり めざましテレビ アクセスランキング アフィリ アフィリエイト アマゾン サイバーマンデー アラウーノ アレルギー アンケートフォームより ウェブログ・ココログ関連 ウォシュレット ウォータープッシュ エアコン エキスポランド エステー化学 エチケットブラシ エビ エレクトロラックス カイロ カップヌードル カテゴリー 目次 カビ カビキラー カーテン カーペット ガスコンロ ガチャピン ガラス キーボード クイックル クッションフロア ケルヒャー ココロボ コンセント コンロ コーティング ゴキブリ ゴミ箱 サイクロン シャムワウ シャークスチームポータブル シャークスティックバキューム シール ジョンソン スギ スクイジー スクラビングバブル スチームクリーナー スチームモップ ステンレス スピン&ゴー スポンジ スマホの掃除 スマーボ スリッパ タイムズ タモリ倶楽部 ダイエット ダイキン ダイソン ダニ トイレ トップページ トラッキング ドライヤー ナショナル ニュース ノーリツ ハウスクリーニング ハウスダスト指標計  ハト バス バレンタインワールド パソコン パソコン・インターネット パラマウントピクチャーズ ファン フットラダー フリーソフト フローリング ブラインド ブラインドタッチ ブラシ ブログパーツ ブログランキング ブロワ プラズマクラスター プリン プール ベランダ ベルメゾンネット ペット ホットサンドパン ポッドキャスト ポリッシャー マイクロファイバークロス マツイ棒 マミロボット メラミンスポンジ メールソフト モップ ヤニ汚れ ラジコン リフォーム ルンバ レイコップ レンジフード レンジフード 換気扇 ロボット ロボット掃除機 ワックス ワンルーム ワールドビジネスサテライト 三洋 三角折り 不二家 事故 介護 住まいのお役立ちサイト集 住まい・インテリア 体臭 使用感 便利グッズ 便器 光触媒 冷蔵庫 千趣会 収納 台所 吸水 吸着 商品情報  喫煙 墓掃除 壁紙 大掃除 大気汚染 定額給付金 実演販売士 害虫 家事代行 家具 家電 小型扇風機 就職 尿石 年末掃除 床掃除 引越 引越し 当ウェブサイトのプライバシーポリシー 御堂筋 扇風機 手袋 抗菌 押入れ 拭き掃除 掃除 掃除の技術 掃除の方法 掃除チェックリスト 掃除本 掃除機 掃除機アタッチメント 掃除用品ランキング 掃除用品・道具探し 掃除道具 掃除関連カテゴリーピックアップ 排気ガス 排水口 排水溝 換気扇 携帯 携帯・デジカメ 携帯電話 放射性物質除染 敷引き 新商品2007.10 新素材 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 東急ハンズ 松下電工 松居一代 枯れ葉 染めQテクノロジィ 梅雨 森永 椅子 楽天の特集紹介 楽天24 歯の掃除 歯ブラシ 母の日 水槽 水漏れ 汚れ落ち比較 油汚れ 洗い桶 洗剤 洗濯 洗濯パン 洗濯機 洗車 洗面所 浴室 浴槽 消臭 温水洗浄便座 湯ノ花 漏電 熱中症 熱暴走 熱湯 父の日 犬小屋 独立のあしあと 玄関掃除 現状復帰 生キャラメル 番組で紹介されたもの 磨く 空気清浄機 窓掃除 箒(ホウキ) 糞掃除 納豆 絵本 網戸 美容院・散髪屋 耳掃除 耳掻き 脚立 腰痛対策 舌掃除 花王 花畑牧場 花粉 視力 超音波 車掃除 近藤典子 部屋干し 配管 重曹 釣り 銀イオン 防水 防虫 除湿 除湿器 除菌 階段 雑貨 電化製品の掃除 電子レンジ 電気コンロ 風呂 風呂掃除 風神雷神 高圧洗浄機 高所 黄砂 CCP ラクリート PS3 SNS TV掃除 TV画面の掃除