カテゴリー「ワックス」の2件の記事

クッションフロアーのワックスがけ掃除方法

070417_15170002

クッションフロアのワックスがけについて

  • クッションフロアーにワックスを掛けたい。
  • ワックスがけしたいけど方法がわからない。
  • どんなワックスがクッションフロアーには良いの?

クッションフロアに関しては、耐久性とこのワックスに関しての問い合わせが多いです。


で、クッションフロアーって何?

クッションフロアとは、ビニール製のクッション性のあるやわらかい床材のこと。

裏打ちに不織布やビニール層を使用しています。
中間に印刷した模様 の発泡層があり、これで柄模様が決まります。

そして表面に透明ビニールを積層し凹凸をつけて意匠を施して仕上げたシート状の床材。厚み1.8~3.5mm程度のものが一般的。メンテナンスが容易 で、水に強い。表面の凹凸により滑りにくいので、洗面、トイレ、キッチンなどの水まわりに使用されることが多い。また、遮音性、衝撃吸収性などにも優れて いる。最近では、防菌、防カビ、防汚加工を施した製品が多い。(All aboutより)

昔、クッションフロアーといえば、台所及びダイニング全体に敷き詰めてあった。
古い戸建てなどに行くと、今でもクッションフロアー床材を貼ったダイニングもある。

しかし、今では通常ダイニング部分はフローリング、キッチン(台所)部分にクッションフロアーというつくりが多い。対面キッチンでキッチンとダイニングが分離されたことも普及を加速させたのだろう。

Perket

まだクッションフロアがそんなに普及していなかった頃の床には、上の写真のようなパーケットブロックやひどいときにはその頃普及していたニードルパンチを敷いている所も多かった。

ニードルパンチは、フェルトのような不織布です。

ニードルパンチの場合カーペットのくずを針で突いて固めてあるだけなのでパイルが無く、防汚処理がなされていないため汚れはどんどん中に入っていき、掃除で汚れを吸い上げることも困難だ。おまけに、ニードルパンチは、ほこりも吸うので環境にも良くない。水回りにはあまり勧められない素材だろう。しかし昔はどこでもニーパンを貼っていた。

パーケットブロックの場合は、昔は職人さんが一枚一枚ブロックを組み合わせて貼っていたのでコストもかさみ、なおかつシミにもなりやすかったためクッションフロアに取って代わっていった。最近は、見た目が木目の皮を張ったパーケットブロックもどきもあるが、湿気ですぐめくれてくる。そこまでしてあのデザインにする必要性もないと思うのだが。

ただ個人的にはあの暖かみのある無垢のブロックを組み合わせたパーケットブロックの質感は好きだ。

パーケットブロックは使えば使うほどつやが出てきて、あのような床はもう学校とかでもなくなってしまい化学床材に取って代わられているのではないだろうか?いまでも幼稚園の床とかで使われているところはある。

話はそれたが、

クッションフロアーのワックスがけに話は戻る。

今の新築マンションのダイニングは大半がフローリングで、クッションフロアはキッチンと洗面所とトイレにつかわれている事が多い。

クッションフロアのメリットとしては

  • 水に強い(最大のメリット)
  • クッション性があり、陶器などを落としても割れにくい
  • 拭き掃除がしやすい。よごれを除去しやすい
  • 長時間立っていても足が疲れにくい
  • 価格が比較的安価

クッションフロアーのデメリットは

  • 熱に弱い
  • 柔らかいので先端が鋭利な物が落下したりすると表面が裂ける場合がある
  • 継ぎ目の施工が悪いとそこが反り返ってくることがある
  • ゴム製品ののプロセスオイル等が床材に浸透し、除去不可能な汚れになりやすい

というところでしょうか。

いまでも、フローリングの模様が描いてあるクッションフロアは、ワンルームとかの床で使われている。張り替えがしやすく安価ということが理由だと思う。

一般家庭では水回りでの使用に限られてきている。

クッションフロアは、主に台所、洗面所、トイレに使われている。



水回り(特にキッチン)の床はよごれやすい。

洗面所も凹凸のあるクッションフロアは凹部分に汚れが入り込んで拭くだけでは汚れが取れにくくなる。洗剤を塗布し、少し時間を置いて、ブラシでこすってみよう。

手植え竹ブラシ曲柄ナイロン真鍮ミックス

真っ黒い汚れが出てすっきりします。

ナイロンブラシの中に真鍮が埋め込んであるので、硬すぎずやわらかすぎず、クッションフロアを傷めずに、汚れを取ることができます。


知らぬ間に黒ずんできて、汚れの上に汚れが再付着して、ガスコンロの手前の床が真っ黒になっている事も多い。

しかしそれが汚れていると思っていない人も多く、そのまま放置していて、こちらがちょっとこすってあげると、真っ白になるのでびっくりされる人も多い。

掃除の仕方で困っている人も多い。

でもクッションフロアほど手入れがしやすい床材は他にはないと思う。


ということで、クッションフロアーの掃除について書いてみよう。

この前、キーボード掃除の次の日に行ったワンルームの床がこんな感じだった。

070417_13380001

柄が柄なので少しわかりにくいが、木目に沿って汚れが入り込んでいる。
こうなってしまうとなかなか頑固です。

マジックリンをうすめて2㎡ほどに塗布し5分ほど放置。
(掃除屋は、汚れに応じて床用のアルカリ洗剤か中性洗剤または剥離剤を使います)


070417_13570002

ブラシで表面に円を描くようにこする。

真っ黒い汚れが出てくる。

070417_13410001 右半分掃除済み

雑巾で拭き取り、再度別のきれいなぞうきんで拭く。

070417_14010001070417_14020002

水で溶いた酢をスプレーしながら拭くと中和され、さらっと仕上がるでしょう。除菌もできるし。

においが気になる方はエッセンシャルオイルを数滴スプレーに垂らすとにおいが和らぎいいと思います。

070417_14200002 左半分、掃除済み

玄関のたたきも、きれいになる。

凹凸があればさっき紹介したブラシを円を描くように使えば、OKです。

洗面所やトイレが同じようにできます。

【手作業によるはく離】

これから暖かくなってきます。
掃除にはもってこいの季節でしょう。

床のワックスをはがす作業が、はく離作業です。
床が冷たい場合は、剥げにくい場合があるので、冬場よりは春、秋がおすすめします。

自分でワックスを塗布して、汚れを塗り込んでしまっって真っ黒になってしまった場合は、はく離剤(掃除用の)をぬるま湯にうすめて塗布すると1分もしないうちに、白く樹脂ワックスが浮いてくると思いますので、少し使い古したスコッチブライトで手のひらで力が均一になるようにこすり、50センチ四方くらい区切って、スコッチブライトでこすっては拭き上げを繰り返す。

こつは、あまり、一度に多くの面積を塗布しないこと。乾いてまた再付着してしまいます。
乾いた場合は、お湯だけで再度こすると、また汚れの除去が始まると思います。

洗剤で再度洗っても良いですが、それだけべたつきをあとから取るのが大変になり、中途半端に水拭きしすると、あとからべたつきが発生したり、ワックス塗布する場合は、密着不良を起こすことがあります。

凹凸の凹部分が取れにくい場合は、チャネルブラシや風呂用のブラシ(広い面積の場合こちらの方が有効)でこすると浮いてきます。

そのあと、ノンリンスの場合、水拭きでもいいのですがマジックリンと同じく酢掃除を行ってもいいでしょう。

言い忘れてましたが手袋は必ずつけましょうね。ただ取れたかどうかの確認は最初は素手でさわってぬるぬるがどれくらい残ってるか確認しなければ判断が付かないかもしれません。


【ワックス】

そのあとは、好みもありますが、樹脂ワックスで保護しておけば、荒れた表面に汚れが付きにくくなり、見た目も自然素材と比較して光沢が出て雰囲気は最高です。

070417_13370001_1070417_15170001_1

※この作業はクッションフロアでの洗浄です。フローリング等木質系の床で行うと水分を含んだだけで表面が波打つことがありますので、素人さんによる木質系の床のはく離は、避けた方がよいでしょう。業者に相談をおすすめします。剥離剤は強力ですので、周囲を養生して行いましょう。飛散したまま放置すると壁面に変色やしみがついたりすることがあります。

作業は自己責任にてお願いします。

【あったら便利】

床用洗剤(フォワード)

住居用ワックス(ジョンソンディバーシー)

H23.5.27修正・加筆

今、人気の掃除関連の用品は?
にほんブログ村 住まいブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

AURO(アウロ)天然床ワックス

最近ネットでもよく見かけるAURO(アウロ)天然床ワックス。

この写真見ると「見たことある」という方も多いのではないでしょうか?

成分は、 水・カルナバロウ・蜜蝋・亜麻仁油スタンド油・亜麻仁油・オレンジオイル(シトラス)・ダマール樹脂・ミルクカゼイン・ホウ砂・ホウ酸・メチルセルロース・ローズマリー油・ユーカリ油・珪藻土・植物アルコール


要は蜜ろうワックスですね。このタイプは均一に塗布した後よく乾燥させます。そして昔から、ぬか袋で床を磨いていたように、乾いた布でいいので、こすって磨いてください。最初のうちはロウが多く乗っているところと、そうでないところとの光沢の差が出ると思いますので、光沢が鈍いところに再塗布し、よく乾燥させ再度磨いてください。あってこれを何度か繰り返し、均一に乗るようにしてください。薄いところがあると磨きむらが出てきます。。磨くほどに光沢が出てきます。

ただ、このAUROは30倍に水で薄めて使用ということなので、光沢はあまり望めません。
どちらかというとフローリングより白木の床の方が相性があうと思います。それとこういったワックスや油性のワックス等は、塗布後に樹脂ワックスに切り替える場合、剥離をしなければ密着不良を起こすおそれがありますので、切り替え時には、注意が必要だと思います。

しっとり感のつやより、本来の「つや」をお求めの方は樹脂ワックスやフロアマニュキアをおすすめしますね。


以下 引用

一般的なワックスは石油成分で作られたものが多く、開けた瞬間からきついニオイを感じる方も多いのではないでしょうか。部屋全体のワックスを終えるころには頭痛がする方もいらっしゃるかもしれませんね。

AUROは100%自然成分で作られており、パートナーだけでなく、人間の赤ちゃんがなめても問題ないほど安心なんです。ニオイも石油臭くなく、さわやかな柑橘系の香りなので部屋を閉め切って使用しても大丈夫です。仮に素手で使用しても刺激はほとんどありません。

ペットを飼われているお宅でも、なめても安心です。

一般的なワックスは使用前に水拭きなどの準備が面倒
ですが、AUROなら一度拭くだけでOK。
通常のお掃除の感覚で簡単にワックスがけができます。
いつもお掃除するのと同じ手間で、フローリングを美しく保てます。

引用終わり


10日ほど前、万博公園に行ってきたんですが、民族学博物館の入り口に、このAUROを塗装した台?が置いてありました。何でこんなとこに、こんなものが、何のために?

詳しい方教えてください。気になって眠れません。(笑)

Imgp3687 Imgp3686

単なるAUROの宣伝でしょうか?それともこの台の上で民族音楽を奏でながら踊るのでしょうか?おそらく菊水化学工業さんのデモでしょう.。

表面をさわってみるとべたつきもなく、さらっとしていました。白木に塗ってあるためか、光沢はそんなにありませんでした。質感はいい感じです。樹脂ワックスをむりやり塗布したわざとらしい光沢ではなくて、これ!いいんです。

こういったウエスタンレッドシダーのようなウッドデッキに塗布しても水をはじいていい感じですね。ただこの家庭用(Nr-431)のAUROはウレタンが入っているわけではないので耐久性はどうなのかわかりませんが。おそらく外装用のAUROを塗布しているのでしょう。

菊水化学工業株式会社

AUROってなんだ?と思う人はココで。
AURO日本総代理店イヌイ株式会社
         AURO 商品分類
         自然塗料のAUROについて
         (↑いい面、悪い面、載ってます)

ii-shop AURO Q&A集

AURO本家  AURO Naturfarben - Farben fürs Leben

思いっきり、塗装やさんの範ちゅうですね、これは。

クリーニングと塗装の垣根がなくなってきますね。こういった部分が、けっこう大変なんですが。まあココまでにしておきます。

話は戻りますが、この台、しばらく見とれてました。
普通の人が見れば、単に茶色に塗装した台にしか見えないと思いますが。

近くの方で見に行ける人であれば、一見の価値ありです。

Imgp3680


楽天市場AUROワックスのページ



 
人に環境にやさしいドイツ生まれの天然床成分ワックス【AUROフロアー用ワックス(500ml) 】


| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

Google | GPS | IHクッキングヒーター | inax | iRobot | Thunderbird | TOTO | Wii | windows vista | Youtube | あるある大辞典 | うろこ | おすすめサイト | おすすめ店舗 | お掃除アンケート | お掃除エアコン | お掃除クロス | お掃除ロボット | お風呂の滑り止め | きのこ | きの小いす | くもの巣 | すきま | そうじ力 | ちりとり | ぬめり | はき掃除 | ひざあて | ふとん | ふろしき | ほこり | めざましテレビ | アクセスランキング | アフィリ | アマゾン サイバーマンデー | アラウーノ | アレルギー | アンケートフォームより | ウェブログ・ココログ関連 | ウォシュレット | ウォータープッシュ | エアコン | エキスポランド | エステー化学 | エチケットブラシ | エビ | エレクトロラックス | カップヌードル | カテゴリー 目次 | カビ | カビキラー | カーテン | カーペット | ガスコンロ | ガチャピン | ガラス | キーボード | クイックル | クッションフロア | ケルヒャー | ココロボ | コンセント | コンロ | コーティング | ゴキブリ | ゴミ箱 | サイクロン | シャムワウ | シャークスチームポータブル | シャークスティックバキューム | シール | ジョンソン | スギ | スクイジー | スクラビングバブル | スチームクリーナー | スチームモップ | ステンレス | スピン&ゴー | スポンジ | スマホの掃除 | スマーボ | スリッパ | タイムズ | タモリ倶楽部 | ダイエット | ダイキン | ダイソン | ダニ | トイレ | トップページ | トラッキング | ドライヤー | ナショナル | ニュース | ノーリツ | ハウスダスト指標計  | ハト | バス | バレンタインワールド | パソコン | パソコン・インターネット | パラマウントピクチャーズ | ファン | フットラダー | フリーソフト | フローリング | ブラインド | ブラインドタッチ | ブラシ | ブログパーツ | ブログランキング | ブロワ | プラズマクラスター | プリン | プール | ベランダ | ベルメゾンネット | ペット | ホットサンドパン | ポッドキャスト | ポリッシャー | マイクロファイバークロス | マツイ棒 | マミロボット | メラミンスポンジ | メールソフト | モップ | ヤニ汚れ | ラジコン | リフォーム | ルンバ | レイコップ | レンジフード | レンジフード 換気扇 | ロボット | ロボット掃除機 | ワックス | ワンルーム | ワールドビジネスサテライト | 三洋 | 三角折り | 不二家 | 事故 | 介護 | 住まいのお役立ちサイト集 | 住まい・インテリア | 体臭 | 使用感 | 便利グッズ | 便器 | 光触媒 | 冷蔵庫 | 千趣会 | 収納 | 台所 | 吸水 | 吸着 | 商品情報  | 墓掃除 | 壁紙 | 大掃除 | 大気汚染 | 定額給付金 | 実演販売士 | 害虫 | 家事代行 | 家具 | 家電 | 小型扇風機 | 就職 | 尿石 | 年末掃除 | | 床掃除 | 引越 | 引越し | 当ウェブサイトのプライバシーポリシー | 御堂筋 | 扇風機 | 手袋 | 抗菌 | 押入れ | 拭き掃除 | 掃除 | 掃除の技術 | 掃除の方法 | 掃除本 | 掃除機 | 掃除機アタッチメント | 掃除用品ランキング | 掃除用品・道具探し | 掃除道具 | 掃除関連カテゴリーピックアップ | 排気ガス | 排水口 | 排水溝 | 換気扇 | 携帯 | 携帯・デジカメ | 携帯電話 | 放射性物質除染 | 敷引き | 新商品2007.10 | 新素材 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | | 東急ハンズ | 松下電工 | 松居一代 | 枯れ葉 | 染めQテクノロジィ | 梅雨 | 森永 | 椅子 | 楽天の特集紹介 | 楽天24 | | 歯の掃除 | 歯ブラシ | 母の日 | | 水槽 | 水漏れ | 汚れ落ち比較 | 油汚れ | 洗い桶 | 洗剤 | 洗濯 | 洗濯パン | 洗濯機 | 洗車 | 洗面所 | 浴室 | 浴槽 | 消臭 | 温水洗浄便座 | 湯ノ花 | 漏電 | 熱中症 | 熱暴走 | 熱湯 | 父の日 | 独立のあしあと | 玄関掃除 | 現状復帰 | 生キャラメル | 番組で紹介されたもの | 磨く | 空気清浄機 | 窓掃除 | | 箒(ホウキ) | 糞掃除 | 納豆 | 絵本 | 網戸 | 耳掃除 | 耳掻き | 脚立 | 腰痛対策 | 舌掃除 | 花王 | 花畑牧場 | 花粉 | 視力 | 超音波 | | 近藤典子 | 部屋干し | 配管 | 重曹 | 釣り | 銀イオン | | 防水 | 防虫 | 除湿器 | 除菌 | 階段 | 雑貨 | 電化製品の掃除 | 電子レンジ | 電気コンロ | 風呂 | 風呂掃除 | 風神雷神 | 高圧洗浄機 | 高所 | 黄砂 | CCP ラクリート | PS3 | SNS | TV掃除 | TV画面の掃除