カテゴリー「家事代行」の4件の記事

最近の家事代行事情

家事代行という職業もかなり世間に認知されてきました。

定期的に2週間に一回とか1ヶ月サイクルとか
期間を決めて頼んだことはないにしろ
来客前や出産時期の家事代行などで利用したことのある
方も多いと思います。

いざというときの家事という使い方と
定期的に決まって利用する使い方が考えられますね。

最近の家事代行業者はどんなことをしてくれるのか?
ちょっと調べてみました。

関東の家事代行ナビさんでは、
掃除、片付け、洗濯そして、料理・食器洗いまで
行ってくれるそうです。

他にも

  • 衣替え・クローゼットの整理
  • 靴磨き
  • クリーニング引渡・受け取り
  • 宅配便の受け渡し
  • ペットの世話
  • お子様の送迎
  • 通院の付添
  • 身の回りのお世話
  • 話し相手
  • 庭・ベランダ掃除
   

なども頼めるようですよ。

そしてよく利用する方は

独身の方、共働き、子供が小さい 高齢者
などが多いようです。


自分の場合、もし利用するとすれば、掃除は自分でできるので(笑)
たまに洗濯、料理などをお願いすれば、嫁さんの家事ストレスも
ましになるかと。


核家族化、共働きが相まって、昔のお手伝いさん、家政婦さんを
もっと、スマートに時間で区切って行ってくれる家事代行
あなたも、いざというときのために事前に確認しておくことをおすすめします。

自分は大阪なので、ちょっと依頼は無理だけど
ルンバで留守の時、床掃除機がけ代行だけですが、
かなり助かっています。


| | コメント (2)

ファミリーマートが家事代行サービス大手のベアーズと提携

コンビニエンスストア業界3位のファミリーマートが、炊事や洗濯などの代行サービスが受けられるチケットを、16日から東京など8都府県の約3300店で 売り出すとのこと。

家事代行サービス大手のベアーズ(東京都中央区)と提携し、掃除や買い物、食事の用意のほか、子供の送り迎えにも対応するらしい。

最近、長谷工とか、このニュースとか家事代行などで顧客の囲い込みをするケースを良く聞く。

このまま高齢化が進んでいくと、いずれはだれかに家事を手伝ってもらわなくてはいけない時が来る。かといって自分の子供の世話になるのも気を使うので、割り切ってサービスを必要なときに利用する。そんな流れが加速している。
働く女性の中では、自分へのご褒美として使用する方も多いらしい。

お父さん、お母さんへのプレゼントにもいいと思う。

大手はどんどん新しいサービス(しくみ)を考えて導入してくる。

中小零細も知恵を絞って対抗していかなければいけないし、柔軟性においては、大手は勝てないと思うので、きめ細かい対応をしていき顧客とのパイプを太くしてゆく事が大切だと思う。横のつながりもますます重要になってくるだろう。







"あなたのコンビニ家事代行 ファミマがチケット販売

10月13日2時3分配信 産経新聞

 コンビニエンスストア業界3位のファミリーマートが、炊事や洗濯などの代行サービスが受けられるチケットを、16日から東京など8都府県の約3300店で売り出す。家事代行サービス大手のベアーズ(東京都中央区)と提携し、掃除や買い物、食事の用意のほか、子供の送り迎えにも対応する。自宅近くのコンビニで手軽にチケットが購入できるため、今後、増加が見込まれる働く女性や高齢者の生活支援にも有効な役割を果たしそうだ。"
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071013-00000902-san-bus_all






"コンビニエンスストア3位のファミリーマートは、家事代行サービス大手のベアーズ(東京都中央区)と業務提携し、炊事や洗濯などのサービスを受けることができるチケットを16日から店頭で販売する。自宅近くのコンビニで手軽に申し込むことができ、働く女性や高齢者の生活支援などのニーズに応える。商品販売以外のサービス提供を充実し、市場の飽和で売り上げが伸び悩む既存店のてこ入れを図る狙いもある。

 チケットは店舗内の情報端末で購入する。価格は9800円(交通費・損害保険料含む)で、2時間半のサービスが利用できる。購入者はベアーズのコールセンターに電話し、希望日時やサービス内容を決める。ベアーズには保育士の資格を持つスタッフもおり、掃除や買い物、洗濯のほか、子供の送迎などのサービスもある。東京都や神奈川県、大阪府など8都府県の約3300店舗で取り扱う見込み。

 コンビニ業界は7年連続で既存店売上高が前年割れとなるなど、過当競争で市場環境が悪化している。ファミリーマートは、他店との特徴の違いを出すため、高齢者向けの宅配などの介護事業を強化する方針を打ち出しており、ベアーズとの提携でサービス提供の充実が図れる。一方、ベアーズは、全国的な店舗網を持ち、来店客数も多いコンビニと組むことで、使いやすさをアピールし、顧客層を拡大できるメリットがある。

 ベアーズは、1999年の設立で、約3300人のスタッフが在籍する大手。100社以上の企業と法人契約を結び、社員の福利厚生としてもサービスを提供している。

 同社によると、家事代行サービスの市場規模は2000年に約550億円だったが、出産後も仕事を続ける女性の増加などに伴い、10年には2倍以上の約1200億円に拡大すると見込まれている。現在、同社のサービス利用者の大半が子供を持つ共働き世帯で、3割程度が単身者の男女。「自分へのご褒美」として利用するケースも増えているという。"
http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200710130025a.nwc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家事代行サービスに関する産経の記事

主婦の目での作業で家事代行サービスが普及してきている記事があった。

先日一般家庭の掃除にいってきたが、80過ぎのお年寄りが夫婦でおられた。

途中からヘルパーさんが買い物に行って帰ってきた。
奥さんが寝たきりなのである。

色々事情があるのだろうが、「自分の子供は面倒を見てくれない」と旦那さんは寂しそうだった。
何年も奥さんの看病をしている。
家の掃除もなかなか行きとどかない。

でも、全体的にきれいにされてた。ご主人に聞くと自分でやってると。
すごいと思った。自分がその立場になったらできるのだろうか?
ふと思った。でもそうなりたいなとも思った。

ヘルパーさんに頼んでも、生活に最低限の掃除しかしてもらえないのと時間も切られているのでお願いできない。ガラスやベランダや照明器具とやって欲しいところはいくらでもある。洗濯だって自分が必要なときにできない。
こういった家庭が家事代行を本当に必要としているのかな。


しかし民間の業者が掃除に入れば費用もそれなりにかかってくる。

記事の中に、引っ越しの中で片付けが必要とされたり、彼氏が部屋に来る前に頼む女性もいるとある。

もちろんそれはそれで必要性があるのならよいだろう。
そうやってどんどん家事代行が普及していくことはいいことだと思う。

ただ、世の中にはそういったサービスを頼みたくても頼めない人がいる。
経済的に余裕がある人だけが恩恵を受けることのできる社会。

考えさせられる部分もある。
どんどんその格差が開きつつあるのではないかと思う。

自分から訴えることができない人に対して、その必要性をこちらから見いだして、助けてあげる。そんなことが、これからはもっと必要とされているのではないだろうか。



今、人気の掃除関連の用品は?
にほんブログ村 住まいブログへ

「お手伝い感覚」家事代行サービス 主婦の目線で作業

以下引用.

 “主婦”が、「主婦の目線」で家事を代行するサービスに注目が集まっている。共働き夫婦が増え、仕事が忙しくて部屋を片付ける余裕のない家庭、整理整頓や収納が苦手な人たち、お年寄りなど、利用形態はさまざまだ。こうしたサービスでは大掃除や、換気扇・エアコンなどの手入れといった大がかりなことは期待できないが、気軽に身の回りのお手伝いを頼めるという感覚が受けているのかもしれない。(篠田丈晴)

続きはこちら

「お手伝い感覚」家事代行サービス 主婦の目線で作業

| | コメント (0) | トラックバック (1)

家事代行もサービス内容が多様化する時代へ

スポンサードリンク

いまでこそハウスクリーニングは、一般家庭に浸透しつつあるが、自分がこの業界を知った20年以上前は、まだまだ高嶺の花だった。

日本では昔から、掃除というか、洗い屋さんという言葉が示すとおり、町屋再生、古民家再生を目的とした白木のあく洗いを行う職人さんが多くいて木造建築の洗いが主とした作業内容だった。今では新建材に押され、マンション等洗う価値がある材料で作られた建築物が少なくなってしまったのは残念だと思う。

私も経験があるが、ただきれいにすればいいという感覚だけでは、やっていけないあの世界はなんともいえない”和”のこころが残っており、神社仏閣が存在する限り受け継いでいく必要がある技術だと思う。ただ今では昔のように漂白するのではなく、あく自体を木を傷めずに抜き取る工法がありますのであの世界も進歩しています。

今のハウスクリーニングは、建築現場では、洗い屋さんと呼ばれることも多いが、本来は洗い屋さんではなく、欧米から派生したハウスクリーニング屋さんになるのだと思う。

話は脱線したが、巷で”ハウスクリーニング”ともてはやされてはいるが、そういった歴史があることを知って欲しかったのと、そういった芸術的?な部分がハウスクリーニングには、少ないというのが残念でもある。でも時代が必要としているのだから、別の物として捉えなくてはいけないのだろう。そんなことを感じながら家事代行サービスについて書いてみよう。



さて、話は本題にはいるが、20年以上前、家庭の掃除を人に頼むとなると、近所には知られたくないと言うのが相場だったというか、そのように依頼してくる人も少なくなかったように思う。家族に内緒で依頼があるということも良くあった。いまでもそういう考えの方もいらっしゃるとは思うが、むかしとくらべれば依頼しやすくなったのではないだろうか。ただ高額所得者の依頼というのは以前からあったように思う。

ただそれは、会社や医院やお店を経営しているなかで、業務用の掃除に入らせていただいている中で、家の方も見て欲しいというパターンだった。

掃除の内容も、水まわりよりはガラスとカーペット中心。
水周りを依頼されれば行うのだが、今のような専用洗剤などあるわけもなく本当にこれで良いのかと思いながらの仕上がりだった。自分からすすんで行うようなものではなかった。
人員も今のように女性が主体となって、行われるようになるとは想像もつかなかった。

サイクルもせいぜい半年。家庭の場合、定期的(ここでは1ヶ月以内)に掃除を頼むという習慣より植木屋さん感覚で季節の変わり目(梅雨明けや年末に)依頼するというのが常だった。定期的になぜ必要なのかがなかなか理解してもらえないし、汚れたから掃除するという考えから管理するという考えへと脱却してもらうのが難しかった。それと価格が高すぎたように思う。それだけシステム的に成熟していなかったのだろうと思う。もちろん値段の相場という物もなく、各々の業者が手探り状態で行っていた。

夫婦共働きという環境もまだ今より少なく、家で女性が家事を行なうのは当然という風潮が多々あった。今では、女性も外に働きに出ることが多くなり、夫婦がお互い尊重しあい旦那も家事に参加することも多い。全く昔とは家庭内環境が変化してきている。


そのような中で今では、大手や中小の業者もスポット清掃の経験を生かしながら、会社などの毎日清掃を家庭へシフトして家事代行という市場に入り込んできて、市場は激戦区になっている。はじめからそういった家庭用の常駐清掃あるいは家政婦さんの現代版ともいえる内容で参入する業者も増えてきている。

なぜ、単価の低い、細かい対応が必要な家庭市場に業者は参入してくるのだろうか?

利用希望者が増えているというのは当たり前の話だが、

1つは、サービス内容から見ても、特殊な技術教育を施さなくても人員配置可能なところも参入の多い一因だと思う。組織化しやすいということだろう。

もう1つは、高齢化社会が始まる上で今の若い人から、こういった掃除を利用することに慣れていれば、将来の潜在顧客になり得るし、またその子供さんたちも親が利用していたということで同じ業者を使うということにもつながる。

あとは、業者自体が顧客の囲い込みをしなければいけない状況にあるということ。
年に一回のみの大掃除での顧客との接触では、今の時代、次の年には、他の業者に取って変わることも珍しくない。半年一回よりも月一回。月一回よりも週一回。それよりも週2回。業者としても、そのように顧客との接触回数を増やしパイプを太くしておかなければ、顧客は離れていく可能性が大いにあることを認識している。サービスがきちんとしていれば、他の業者に流れないのではという意見もある。それは昔のように業者が少なかったころは、解約しようにも他に業者がいない、情報がないというような理由で業者が優位に立てた。しかし今は、他に探せばいくらでもあるのだから、一社に固執することもない。使い比べてみることも十分に可能だろう。

とにかく使いやすい気軽に依頼できるサービスを提供し、接触回数を増やし、顧客情報を獲得する。今のうちに情報の厚みを厚くしておかなければ、あとからでは巻き返しは難しい。そこで得た情報伝達方法を使って将来は、新しい情報を提供できる。
話はそれるが、ついこの前、携帯の番号ポータビリティー制度によってどれだけDoCoMoの顧客数が減ったかといえば微々たる物である。AUのようにあれだけサービスの広告を打ち、よいサービスを届けて純増数があったにせよ、まだまだDoCoMoには勝てないのだ。それだけ土台となる情報ルートを押さえたものが勝てるのだろう。それと似たように今、土台となる顧客を獲得しようと必死である。

また、堺屋太一の団塊の世代ではないけれども、少なからず言えることだが、退職金があふれるこれからの時代、すこしゆっくりと、ちょっとした贅沢をしてみようという感覚を持った人々を当て込んでの参入と言うのも一理ある。

私見だが、掃除プラス何かを模索し、情報獲得に躍起になってるように見える。

まあこれは、今のどの業種にも通ずることなのだと思うけど。


ここで、自分の思う家事代行掃除というものの定義は

ハウスクリーニング=汚れたところをきれいにする掃除

家事代行の掃除=ハウスクリーニングできれいにしたところをきれいなまま保つ掃除

と捉えている。

サイクル的には

水周り、部屋の掃除機がけ、すすはらい、拭き掃除(そのつど必要な掃除)=家事代行

ガラス掃除、水垢除去、エアコンフィルター、網戸(3ヶ月一回ほどの清掃)=ハウスクリーニング、家事代行

換気扇掃除、カランやシンク磨き、サッシのレール、冷蔵庫の中、照明器具、床ワックス(半年から1年毎の清掃)=ハウスクリーニング

エアコン洗浄、配水管洗浄、床ワックス(ビルメンでいう特別清掃2,3年に一回)=専門業者

という感じではないだろうか。まあこれははっきりとした境があるわけでもなく、業者によっては、すべてこなせるところもあるのであくまでわかりやすいような目安としてだが。


あとは、こんな業者さんいますということで

 

★芦屋の「クラッシーコンシェルジェ」は、ベビーシッティング、日常介助、シェフやインテリアコーディネータの派遣、各種レッスン講師の派遣、ビジネスのサポートまで、掃除以外の付加価値サービスを用意して富裕層へのアクションを起こしている。この業者は既存の家事手伝いに専門的な情報の提供をプラスすることによって他社との差別化を図ろうとしている。

★住友不動産建物サービスの家事代行の「たまラクサービス」は、価格を3時間10000円(月1回以上で3ヶ月からの定期契約)と設定し、簡単な掃除、クリーニング出し・受取、ペットの散歩、買い物、 料理の下ごしらえ、洗濯・アイロン掛け等を行なうサービス。サービススタッフは全員、正社員とのこと。

★株式会社ベアーズの「ロイヤルメイドサービス」はオーダーメードで家事を頼める。日常のお掃除、お買い物、お食事の支度、お子さまの送り迎え、洗い物、洗濯、布団干し、アイロン掛け等々を頼むことが出来る。
 「デラックス」プランの場合、1時間当たり3465円(1回2時間から、定期契約の場合)。さらに上級のスタッフを派遣する「ロイ ヤル」プラン(同6825円)も用意した。「マッスルベアーズ」は男性スタッフが訪問し、男手が必要な力仕事に当たる。電球交換のような高所作業や、家具 の移動、日曜大工、子供の送り迎えなどを任せられる。靴磨きまで頼めるサービスもある。

★ダスキンの「家事おてつだいサービス」は掃除、洗濯、食器洗い、押入整理、アイロンかけ、ごみ出しなどをサポートする。2週間に1回のサービスで基本の2時間が5250円(東京都以外)。1時間単位で延長できる。「ダスキンメリーメイド」は訪問掃除サービスだ。ダスキンだけに、どちらかというと掃除主体のサービスだ。あと別事業で、 家事代行サービスの専業会社があまり手がけていない介護サポートも提供している。自宅で暮らす高齢者をサポートする介護保険適用外の生活支援サー ビス(全額自己負担)「ホームインステッド」は24時間365日対応のサービスだ。家族と離れて住む高齢者や夜間の見守りが必要な人向けにもケアを提供す る。介護の世話を一時休みたいという家族の助けにも使える。

★セコムの「家事サポート」はセコム・ホームセキュリティ利用客向けに警備会社ならではのスタッフの質に重点を置いている。これはセコム医療システム株式会社のスタッフや上記㈱ベアーズと提携し対応する。

★そのほかにも、人材派遣のパソナスパークル((株)パソナと住友金属工業(株)の共同出資による総合人材サービス会社)の「ライフサポートサービス」は、1時間3150円で家事を手伝ってもらえる。人材派遣会社ということで、○○経験者、たとえばヘルパー資格者とか秘書経験者、バイリンガル料理教室講師とか希望によっては派遣してもらえるようだ。どちらかといえば、クラッシーコンシェルジェと似たようなサービス内容になると思う。

★ミッシェ ル・ホームサービスの「家事おまかせミッシェル」は、昭和シェル石油と家事代行のクレアティーサービスが手を組んで提供している。例としてキッチン+バス+トイレ、お部屋のお掃除 (3LDK~戸建)で3時間7600円+交通費一律900円。清掃を中心としたサービスだ。

こうやって見てくると、掃除を主体とした業態と、掃除プラス生活の上での困りごとに対応という業者に分かれると思う。どちらがいいとは言えず、従来の家政婦さんのレベルを期待出来る業者もこれからはニーズが増えていくだろう。

あと、まだ東京や大阪等大都市周辺のみ対応というところも多く、すべてのお客様に均等に対応できるところまで入っていない。地元の業者をネットで検索してみることをお勧めする。作業内容は、上記で紹介した業者とそんなに変わらないと思う。

【おそうじプロ.JP】ハウスクリーニング 清掃業者さんを探すなら お掃除情報リンク集
http://osoujipro.jp/

ハウスクリーニング 料金なび 清掃業者の全国地域別検索
http://netnavi.moo.jp/

余談だが、自分も色々なお客さんと話して思ったことだが、家政婦さんがコロコロかわっているお宅がたまにあるが、家政婦さんの当たり外れもあるのだと思うが、お客さんにも多少の問題があるのでは?と思うことも多い。客なんだから何を言ってもかまわないといっても、作業するのは人間だから限界はあるし、やはりお互いがうまくコミニケーションをとっていかないといかによいサービスでも、長く続かないとかうまくいかない。

こういったサービスは、家政婦さんと比較して、割り切って依頼できるということがメリットだが、だからといって何を言ってもいいということにはならない。頼まれた方も出来ませんといいにくいものだと思う。担当が変わるたびに、たとえマニュアル管理されていたとしても、初回と比べて作業内容が格段に増えてしまう(同一料金で)ということもあり得る。限られた時間の中で内容が増えれば、どこかを削ったりするしかないので、そこらあたりも使う側も少し考えた方がいいのでは?と思うこともあった。最終的にそうなればお客さんが損をすることになるのだが。

それにしても、これらの仕事で働くことは、女性が家事で行っていることの延長で役に立つこともあって人気が出ているのは、本当にうれしいことです。求人してもかなり応募があるといいます。

これからも、お年寄りが増えることや、若い人たちが留守がちになることが多い時代に入り、ますます発展していく業種だと確信しています。


ここまで、読んでいただき感謝いたします! 日本ブログ村のカテゴリー”住まいブログ”に参加しています。 よろしければ、下のバナーをワンクリックしていただくと嬉しいです。 (別窓で開きます)
にほんブログ村 住まいブログへ

こだわり世代のためのライフスタイル情報
http://waga.nikkei.co.jp/comfort/life.aspx?i=20070222g3001g3

ロボットが掃除や風呂わかし 2025年目指し政府発表
http://www.asahi.com/life/update/0226/010.htm

家事代行サービス
http://gendai.net/?m=view&g=wadai&c=050&no=17535

"家事代行が人気 共働き世帯など利用"
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/m_guide/20070313.htm

株式会社クラッシー:ホームコンシェルジェ
http://www.classy-concierge.com/homec/index.html

たまラクサービス
http://www.sumitomo-rd.co.jp/pdf/070130.pdf

家事代行ならベアーズ
http://www.happy-bears.com/

家事おてつだいサービス | サービスを探す | ダスキン
http://www.duskin.jp/house/service/merrymaids/household.html

セコム・ホームサービス|セコム・ホームセキュリティ
http://www.secom.co.jp/service/hs/homeservice/kaji.html

総合人材サービス会社-パソナスパークル
http://www.pasona-spkl.co.jp/client/life_support/index.html

家事代行のクレアティー・サービス
http://www.cleaty.co.jp/company.html

家事代行サービス クラブクリエイト
http://www.1st-create.com/

家事代行サービスのミニメイド・サービス株式会社
http://www.minimaid.co.jp/

家事のお手伝い クロネコめいどサービス
http://www.008008.jp/life/housework/index.html

おそうじやさんにっき♪~Everyday is a discovery~: そうじ業者の選び方
http://nori-t.air-nifty.com/log001/2006/11/post_12a2.html

~賢いビルメンテナンス業者選びのコツ~
http://www.accos.co.jp/kotu.html


"家事代行サービス

掃除、洗濯、料理、買い物引き受けます

「家事代行サービス」の利用がオトーサンの間にも広がっている。単身赴任者に多いが、なかには「ちっとも家事を手伝ってくれない」と不満顔の女房への罪滅ぼしで依頼するケースもあるらしい。最近では大手企業の参入も相次いでいる。サービス内容と料金はどんなものなのだろう。 "
http://gendai.net/?m=view&g=wadai&c=050&no=17535


| | コメント (0) | トラックバック (7)

その他のカテゴリー

Google GPS IHクッキングヒーター inax iRobot Thunderbird TOTO Wii windows vista Youtube あるある大辞典 うろこ おすすめサイト おすすめ店舗 お掃除アンケート お掃除エアコン お掃除クロス お掃除ロボット お風呂の滑り止め きのこ きの小いす くもの巣 すきま そうじ力 ちりとり ぬめり はき掃除 ひざあて ふとん ふろしき ほこり めざましテレビ アクセスランキング アフィリ アフィリエイト アマゾン サイバーマンデー アラウーノ アレルギー アンケートフォームより ウェブログ・ココログ関連 ウォシュレット ウォータープッシュ エアコン エキスポランド エステー化学 エチケットブラシ エビ エレクトロラックス カイロ カップヌードル カテゴリー 目次 カビ カビキラー カーテン カーペット ガスコンロ ガチャピン ガラス キーボード クイックル クッションフロア ケルヒャー ココロボ コンセント コンロ コーティング ゴキブリ ゴミ箱 サイクロン シャムワウ シャークスチームポータブル シャークスティックバキューム シール ジョンソン スギ スクイジー スクラビングバブル スチームクリーナー スチームモップ ステンレス スピン&ゴー スポンジ スマホの掃除 スマーボ スリッパ タイムズ タモリ倶楽部 ダイエット ダイキン ダイソン ダニ トイレ トップページ トラッキング ドライヤー ナショナル ニュース ノーリツ ハウスクリーニング ハウスダスト指標計  ハト バス バレンタインワールド パソコン パソコン・インターネット パラマウントピクチャーズ ファン フットラダー フリーソフト フローリング ブラインド ブラインドタッチ ブラシ ブログパーツ ブログランキング ブロワ プラズマクラスター プリン プール ベランダ ベルメゾンネット ペット ホットサンドパン ポッドキャスト ポリッシャー マイクロファイバークロス マツイ棒 マミロボット メラミンスポンジ メールソフト モップ ヤニ汚れ ラジコン リフォーム ルンバ レイコップ レンジフード レンジフード 換気扇 ロボット ロボット掃除機 ワックス ワンルーム ワールドビジネスサテライト 三洋 三角折り 不二家 事故 介護 住まいのお役立ちサイト集 住まい・インテリア 体臭 使用感 便利グッズ 便器 光触媒 冷蔵庫 千趣会 収納 台所 吸水 吸着 商品情報  喫煙 墓掃除 壁紙 大掃除 大気汚染 定額給付金 実演販売士 害虫 家事代行 家具 家電 小型扇風機 就職 尿石 年末掃除 床掃除 引越 引越し 当ウェブサイトのプライバシーポリシー 御堂筋 扇風機 手袋 抗菌 押入れ 拭き掃除 掃除 掃除の技術 掃除の方法 掃除チェックリスト 掃除本 掃除機 掃除機アタッチメント 掃除用品ランキング 掃除用品・道具探し 掃除道具 掃除関連カテゴリーピックアップ 排気ガス 排水口 排水溝 換気扇 携帯 携帯・デジカメ 携帯電話 放射性物質除染 敷引き 新商品2007.10 新素材 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 東急ハンズ 松下電工 松居一代 枯れ葉 染めQテクノロジィ 梅雨 森永 椅子 楽天の特集紹介 楽天24 歯の掃除 歯ブラシ 母の日 水槽 水漏れ 汚れ落ち比較 油汚れ 洗い桶 洗剤 洗濯 洗濯パン 洗濯機 洗車 洗面所 浴室 浴槽 消臭 温水洗浄便座 湯ノ花 漏電 熱中症 熱暴走 熱湯 父の日 犬小屋 独立のあしあと 玄関掃除 現状復帰 生キャラメル 番組で紹介されたもの 磨く 空気清浄機 窓掃除 箒(ホウキ) 糞掃除 納豆 絵本 網戸 美容院・散髪屋 耳掃除 耳掻き 脚立 腰痛対策 舌掃除 花王 花畑牧場 花粉 視力 超音波 車掃除 近藤典子 部屋干し 配管 重曹 釣り 銀イオン 防水 防虫 除湿 除湿器 除菌 階段 雑貨 電化製品の掃除 電子レンジ 電気コンロ 風呂 風呂掃除 風神雷神 高圧洗浄機 高所 黄砂 CCP ラクリート PS3 SNS TV掃除 TV画面の掃除